コゴメマンネングサ

コゴメマンネンガサとして掲載しましたが、確信をもって断定はしません。いずれマンネングサの仲間だろうと思われます。日本にはマンネングサの仲間は10種類以上あります。

【コゴメマンネングサ】バラ目ベンケイソウ科マンネングサ属コゴメマンネングサの多年生草木。

世界中のやせた乾燥地にひとかたまりになって自生
  アジア、ヨーロッパ、アメリカ大陸など世界各地に自生しています。岩盤の割れ目やコンクリートの裂け目などの比較的やせ地に生えます。肉厚の葉なので少々の乾燥地にでも自生します。
 
図鑑などでは九州南部から沖縄となっていますが・・・・
  九州南部から沖縄にかけて自生すると図鑑などには説明されていますが、この写真は関東地方で撮影したものです。ここではコゴメマンネングサとして説明していますが、ひょっとしたらマンネングサの別の仲間かもしれません。

気がつけばあちこちに群がって咲いている
  ひとたび目にすると、おなじような環境下でしばしば目にします。5月末から7月ごろが最盛期なのでしょう。これまで気がつかなかったのが不思議なくらいあちこちにあります。
  マンネングサの仲間はみなよくにていますが、手がかりとしては葉ではないでしょうか。葉の形が楕円形になっているところなどからコゴメマンネングサといちおうしておきました。

ひとかたまりになっていました。

小さな肉厚な葉に咲く星の花

撮影:2013年5月14日

茎は薄いピンク色をしています。

トップへ戻る

小さな5弁の花です。

撮影:2013年3月19日