撮影:2013年5月23日

緑色をした茎には毛がいっぱい

【オトメフウロウ】フウロウ目フウロウ科フウロウ属オトメフウロウの越年草。
  風の露と書いてフウロウと呼びます。この仲間には私たちがよく知るゲンノウショウコがあり、花の形がよく似ています。それと種ができたときに見るとこれもよく似ています。
  オトメフウロウは外国からの帰化植物ですが、ゲンノウショウコは日本にふるくからあった在来種なのです。つまりこうは考えられないでしょうか?  外国と日本に期せずして似た植物があることになります。
  一説によると、牧草の種などのなかに混ざって入ってきたものが、またたくまに広がったといいます。もし、これは仮定ですが、同じ仲間のいる日本に行ってみたいと思ったオトメフウロウが牧草の種子のなかにそっと紛れ込んで船で運ばれてきたのかも知れません。
 

オトメフウロウ

誰が草花の名前をつけるのだろうか。名もない花に“風の露”という風雅な名を与え、そのうえ“乙女”などとたとえる。名づけてその名も“乙女風露”とは………。

 オトメフウロもアメリカフウロもよく似ている。違いは葉の形ぐらいだ(下の写真がアメリカフウウロ)。4つの種(黒い丸いもの)ができると、槍のように尖った部分が4つに割れて種をはじき飛ばす。飛ばしおわったあとは御輿(みこし)の屋根のようになる。ゲンノウショウコもおなじ御輿をつくる。

花びらがハートを縦長にしたような形をしています。

誰が名づけたか情緒たっぷりの
     名前“乙女風露” 

撮影:2013年5月24日

撮影:2013年4月13日

トップへ戻る

【フウロウの仲間たち】
ゲンノウショウコ   ハクサンフウロ   サロマフウロ   グンナイフウロ   タカネグンナイフウロ

チシマフウロ   アメリカフウロ    ヒメフウロ   イブキフウロ 

こちらは赤い茎。

まるでこんがらがったように複雑にからまる葉っぱ。