外来種なのに嫌われない花たち 

【シロツメクサ】マメ目マメ科シャジクソウ属シロツメクサ、多年草。
  ヨーロッパが原産。江戸時代の1846年(弘化3年)にオランダから献上されたガラス製品の箱の中に緩衝材として詰められていたことから「詰草」の名がついたそうです。
  その後、明治時代になり牧草として入れられたものが野生化したのが日本全国に広まりました。根に根粒菌をもち、空気中の窒素を固定して宿主であるシロツメクサに与え、かわりに光合成でつくった栄養素をもらいます。その結果、地味が豊かになるというので各地に広まっていきました。
 また、雑草防止、土壌浸食防止として堤防などに植えられることがあります。矢切で見られる多くのシロツメクサはこうした観点から植えられているようです。

  同じようにムラサキツメクサ(アカツメクサともいう)もヨーロッパからはいってきました。このムラサキツメクサはハーブとして多用されたようです。あるいは薬用にも用いられたといいます。   

別名、クローバのほうが知名度がたかい。かずある葉のなかで四つ葉のものが好まれ、幸運の葉とされる。子どもの遊びにももちいられ、花をじくから摘んだものを編んで、王冠や首飾りなどをこしらえて遊ぶ。

シロツメクサ

シロツメクサのランナーです。こうして茎を伸ばし、その先から根を出してふえていきます。そこでおもしろいことをお教えしましょう。四つ葉のクローバをみつけたら、その茎を伸ばしてランナーを親から切り取ってそだてましょう。すると、四つ葉ばかりがでるはずです。

トップへ戻る

踏みつけられても数日もすると起きあがるほど生命力がある。

花は中央が茶色で白がまわりを取り囲んでいる。

ムラサキツメクサ(アカツメクサ)  江戸川堤防の土手にはいっぱい咲いている。

白い花だがこれだけまとまるとけっこう目立つ。