まわりの草花に比べて大きな葉が目につく。

【ヨウシュヤマゴボウ】ナデシコ目ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属ヨシュヤマゴボウ、多年草。

原産地は北アメリカ

  高さ2m近くなり、葉は大きく茎は無毛で赤い。初夏に小さ花を房状につける。夏のあいだに果実をつけ、秋になると紅葉した葉ととも果実も熟れて黒くなります。この果実をつぶすと赤紫色の果汁が出ますが、衣類などにつくてなかなか落ちません。そこでアメリカではインクベリー、あるいはポークウィードと呼ばれています。

 毒性植物 
  名前は「ヤマゴボウ」だが、いわゆる味噌漬けで売られている「ヤマゴボウ」とはまったくの別物です。全草に毒があり、食べると強い嘔吐、下痢をひきおこします。とくに赤紫色の果汁を飲むと中枢神経麻痺や意識障害、ひどい場合には呼吸器障害や心臓麻痺などで死にいたる場合があります。
  原産地ではポークウィード「豚の草」と呼ばれていますが、豚などの家畜も食べないので、生え始めるとまたたくまに広がります。根から抜き取る以外にありません。

北アメリカ原産の帰化植物で日本にはいってきたのは明治時代だといわれています。全草が毒草で、ときどき果実をブルーベリーと間違えることがあるので注意が必要です。

ヨウシュヤマゴボウ

生命力の旺盛な毒草 

ブドウのように房状に花芽が伸びる。

トップへ戻る

そろそろ色づいてきた。
白い小さな花が先端の向かって順の咲く。