トップへ戻る

葉が似ているばかりに固有の名をつけてもらえなかった花のひとつだ。それだけならいいが手折ったときの匂いがまた似ているといううなら、もっといい名をもらえたはずなのに………。

ハナイバナ 集団の力

【ハナイバナ】ムラサキ科イバナ属の1〜2年草。その名のとおり、葉と葉の間から花茎がのぞいて花を咲かせることから「葉内花」と書いてハナイバナと名づけられたという。
  花の大きさは2〜3ミリ。目を凝らして見なければ通り過ぎてしまくらい小さいが、これが集団で咲くとみごとな花の絨毯になる。ふつうは雑草扱いされるが、雑草という草花はこの世に存在しない。
  たまたま目をとめてところが写真の場所だったが、野山のどこにでも咲いている。ただ、あまりにも小さいので見過ごしがちだ。この写真の場所には秋になると「ツルボ」咲く場所でもある。