(1)ハクセキレイ  日本書紀に出てくるハクセキレイ

(2)コサギ      抜き足差し足で魚を捕まえたコサギ

(3)チュサギ     まるで修行僧のようなチュサギの待ち伏せ姿

(4)オナガ      これで鳴き声がよかったらいいなオナガ

(5)ウグイス     目がぱっちりとかわいいウグイス

(6)タシギ       長い嘴で獲物を探すタシギ

(7)タゲリ       草原の貴婦人のようなタゲリ

(8)ヒヨドリ      いたずら小僧のようなヒヨドリ

(9)スズメ       意外な餌捕りをするスズメ

(10)アオサギ     以外と神経質のくせに喧嘩っ早くいつも負ける

(11)ヒバリ       ヒバリは借金鳥? 「ヒイチブ ヒイチブ」と鳴きます。

(12)ムクドリ      ただいまえあたくしことムクドリは子育て中でございます。

(13)カルガモ     鳥も動物も人も子育ては母親の役目なのかしら。

(14)コゲラ      小さくたっていっちょまえにキツツキなのです。 

(15)アカゲラ     黒、白、赤の三色。おしゃれなキツツキといった感じ。

(16)メジロ      かわいい顔をしていても自然界ではハイエナのようです。

(17)カワラヒワ    その名のとおり河原の枯れた草のあいだを飛びまわっています。

(18)ツグミ      かわいい女の子の名前のような渡り鳥。

(19)シジュウカラ   なんとなく腕白小僧のよな名のかわいい小鳥。

(20)ジョウビタキ     オスとメスがこんなにも違うなんて………。

(21)シメ    名前の由来は啼き声からきているそうですが聞いたことがありません。 

(22)ムナグロ   矢切周辺ではその名のとおり胸部が黒い旅鳥。

(23)コチドリ   目の回りに黄色いリングを持ったおしゃれな鳥。

(24)チョウゲンボウ   矢切畑に冬を告げる渡り鳥。

(25)ジョウビタキ餌食い  冬のジョウビタキの餌を食う知恵。

(26)オオタカの子育て   小さな森でオオタカが子育てを始めて3年目。

トップに戻る

矢切周辺にやって来る鳥たち

随時

トップに戻る