室生 犀星(むろう さいせい) 本名: 室生 照道(てるみち)、1889年(明治22年)8月1日 - 1962年(昭和37年)3月26日
                   石川県金沢市生まれの詩人・小説家。
1889年、加賀藩の足軽頭だった小畠家の小畠弥左衛門吉種とハルという名の女性の間に私生児として生まれた。生後まもなく、生家近くの、真言宗寺院雨宝院住職室生真乗の内縁の妻赤井ハツに引き取られ、その妻の私生児として照道の名で戸籍に登録された。住職の室生家に養子として入ったのは7歳のときであり、この際室生照道を名乗ることになった。私生児として生まれ、実の両親の顔を見ることもなく、生まれてすぐに養子に出されたことは犀星の生い立ちと文学に深い影響を与えた。1902年(明治35年)金沢市立長町高等小学校を中退し金沢地方裁判所に給仕として就職。裁判所の上司に河越風骨、赤倉錦風といった俳人があり手ほどきを受ける。新聞へ投句を始め1904年(明治37年)10月8日付け『北國新聞』に初掲載。この時の号は照文。その後詩、短歌などにも手を染める。犀星を名乗ったのは1906年(明治39年)からである。犀星という筆名は、当時金沢で活動をしていた漢詩人の国府犀東に対抗したもので、犀川の西に生まれ育ったことからと言う。犀星が育った雨宝院は犀川左岸にあり、犀星はこの川の風情と、上流に見える山々の景色とをことの外愛した。1913年(大正2年)北原白秋に認められ白秋主宰の詩集『朱欒(ざんぼあ)』に寄稿。同じく寄稿していた萩原朔太郎と親交をもつ。1916年(大正5年) 萩原と共に同人誌『感情』を発行。1919年(大正8年)までに32号まで刊行した。この年には中央公論に『幼年時代』、『性に目覚める頃』等を掲載し、注文が来る作家になっていた。1929年(昭和4年)初の句集『魚眠洞発句集』を刊行。1930年代から小説の多作期に入り1934年(昭和9年)『詩よ君とお別れする』を発表し詩との訣別を宣言したが、実際にはその後も多くの詩作を行っている。1935年(昭和10年)、『あにいもうと』で文芸懇話会賞を受賞。 芥川賞の選考委員となり、1942年(昭和17年)まで続けた。1941年(昭和16年)に菊池寛賞。戦後は小説家としての地位を確立し、多くの秀作を生んだ。娘朝子をモデルとした1958年(昭和33年)の半自叙伝的な長編『杏っ子』は読売文学賞、同年の評論『わが愛する詩人の伝記』は毎日出版文化賞を受賞。古典を基にした『かげろふの日記遺文』(1959年(昭和34年))では野間文芸賞を受賞した。この賞金から翌年、室生犀星詩人賞を設定。1962年(昭和37年)、 肺癌の為に死去。

室生 犀星 作品リスト

詩集

小説

評論・随筆

目次へ戻る

美しき川は流れたり
そのほとりに我はすみぬ
春は春、なつはなつの
花つける堤に坐りて
こまやけき本の情けと愛とを知りぬ
いまもその川のながれ
美しき微風ととも
蒼き波たたへたり
               
    [犀川] より

目次へ戻る

目次へ戻る

目次へ戻る

昭和34年 犀星 70歳のときに書いたエッセイ

  私はもう郷里に帰って見たいという気はない、肉親の死に絶えたところを訪ねるということは、心に引っかかりを感じないからである。貧乏書生の時分は郷里に行ってたすけを求めたものだが、もう私はたすけを貰う必要がない、ただ山河は何時までも幼穉(ようち)で老いないから、ちょっと心が鬱して来ると山河の景色を思いうかべ、昔の友の顔は昔のままの様子で親しめるのだが、こんな物を言わない巨大な友達という者は、世界中の何処にもいない筈なのである。

エッセイ『加賀金沢』より

犀 川


『私の履歴書』の第一話「赤ん坊」より

  父は足軽組頭で禄高二百石、おそらく六十くらいの時分に、妻に先立たれた彼はつい小間使に手をつけ、そしてその小間使さんのお腹が大きくなって驚いたのである。足軽組頭でも瓦葺き門構えと、欅四枚戸の玄関式台に二本の長槍をらんまに架けた手前、女中さんでのお腹の子を正式にはこの屋敷では生んで育てるわけにゆかなかったのである。
  屋敷の敷地は広く、一囲いの茶の畠があった。ここにちょっとした礼金を添えて、毎初夏に茶の芽を摘みに繰る女と小娘がいた。
  女はこの待ちの入口に住むお初という大女。でっぷり肥って誰にも恐れずに酒で何でも問答する。茶の間で茶碗酒を振舞うことで任期があった。元、飲屋にいたということと、夏は大肌脱ぎになっている名物女であった。生活は隣のお寺の和尚さんからの仕送り、美貌の和尚さんは完全にお初の手中にまるめこまれ、その美貌と金とをお初さんに食いちらされていたようなものであった。
  小娘はお初さんの幼女で、間もなく年頃になったら何処かに勤めに出すために育てていたのだが、もう十くらいになっていた。恰度その茶摘みに来たお初は当主小畠弥左衛門小間使の腹の子を、弥左衛門がその始末に困り切っている矢先に引き受けたのである。初夏のうららかな日の下で月いくらという扶養費で、お初と弥左衛門の間で約束が交され、腹の赤ん坊はその翌々月の八月の朔日に生れたのである。へそに血のにじんだ小が、すなわち私という人間のはじまりで、お茶の芽摘みに来た者との間に、犬の仔のようにやろうかもらおうかということになったものである。

経 歴


目次へ戻る

室生 犀星の作品にみる故郷

ふるさとは遠きにありて思ふもの
そして悲しくうたふもの
よしや
うらぶれて異土の乞食となるとても
帰るところにあるまじや
ひとり都のゆふぐれに
ふるさとおもひ涙ぐむ
そのこころもて
遠きみやこにかへらばや
遠きみやこにかへらばや

                     [小景異情ーその二] より
            1912年(明治45年)、犀星23才のころ帰郷したおりの詩