えつろうの田舎暮らし日記  2004年8月、37年間勤めた会社を早期退職。 大阪から和歌山県印南町に移住。 ホームヘルパー、役立ち隊(介護保険対象外のサービス)、畑仕事、釣りなどをしながら田舎暮らしを満喫している団塊世代の方のHP。.
 思い出の蒸気機関車
昭和40年代、私のふる里ではD51三重連が走っていました。そのころからSLの写真を撮っていたのが彼です。大人にとっては懐かしいSL、あるいは若者にとっては珍しいSLの雄姿、どうぞ存分にご覧ください。
 
  浦安「青べか村から」  映画を観て、原作を読み直し、人生を考えるサイトです。時間は平成から平安時代まで、空間は葛飾の浦安、柴又から備中の新見、高梁を経て満州のハルピン、ノモンハンまで。「WEB TTあしん」のメンバーです。
   ふくふ牧場の
  「牛を買い始めました」
 牛は、人間が食べられない草を食べて、人間が利用出来るお乳を作ってくれます。穀物を牛に与えると、早く大きくなったり、お乳をたくさん出したりします。それもひとつの効率いい飼い方です。ただ、世界中には食べ物がなくて困っている人達がいることを思うと、牛が本来持っている能力を信じてみたいと思ってます。
 ☆〜越畑便り〜02〜☆ 京都市は不思議な都市です。11の区からなりますが、西京区・右京区・左京区の郊外に出ると里山があり田舎暮らしができるのです。そんな京都の西、愛宕山の山麓で、野菜作りをし、古民家を再生し、自力で小屋を建てたりしながら田舎暮らしをしていらっしゃる団塊の世代の方のホームページです。
  京の西山、大原野にもまた里山が残る。こよなく着物を愛し、箏を奏で、ダンス(職業です)をし、ときに鍬や鎌や金槌などもふるう団塊の世代。ふくろう、みみずくをこよなく愛し、大野原の庵には、おとぼけ顔や思索顔などの世界各国のフクロウ属のグッズが所狭しと並んでいるそう………。
★初代「h.イマジン」H15年12.22誕生!⇒H22年2.11火災焼失!★二代目H22年12.22誕生!⇒H23年3.11大津波流失★三代目⇒全国の支援パワーを源にH24.3.11Memorial Day Open ! 〒022-0006大船渡市立根町岩脇4−6「LOVOA」様方(旧アメリカヤ109)コーナーを拝借復活準備中! 
頑張れ h.IMAGINE 
 
カナダ トロント生まれ(1961年生まれ)の陶芸家。京都府綾部市の限界集落に住み、陶芸を続ける。自然を愛し、土や水や木や炎が生み出す作品を愛し、日本を愛し続けるユニークな女性。彼女の作品には、日本人ではとうてい創り出すことのできない独特の感性がある。その秘密は自然かいただく釉薬にある。
 
   

矢切通信 (トップへ戻る)