其嶋天降坐而。見立天之御柱。見立八尋殿。於是問其妹伊邪那美命曰。汝身者如何成。答曰吾身者成成不成合處一處在。爾伊邪那岐命詔。我身者。成成而成餘處一處在。故以此吾身成餘處。刺塞汝身不成合處而。爲生成國土奈何【訓生云宇牟下效此】伊邪那美命答曰然善。爾伊邪那岐命。詔然者吾與汝行迴逢是天之御柱而。爲美斗能麻具波比【此七字以音】如此云期。乃詔汝者自右迴逢。我者自左迴逢。約竟以迴時。伊邪那美命先言阿那迩夜志愛(上)袁登古袁【此十字以音下效此】後伊邪那岐命言阿那迩夜志愛(上)袁登賣袁。各言竟之後。告其妹曰。女人先言不良。雖然久美度迩【此四字以音】興而。生子水蛭子。此子者入葦船而流去。次生淡嶋。是亦不入子之例。

【現代語訳】
 二神はその島にお降りになって、神聖な柱を立て、広い御殿をお建てになった。そしてイザナミノミコトに尋ねて、「おまえの身体はどのようにできていますか」とおおせられると、女神は、「私の身体はだんだん成り整って、成り合わない所が一所あります」とお答えになった。そこでイザナキノミコトがおおせられるには、「私の身体はだんだん成り整って、成り余った所が一所あります。それで、この私の身体の成り余っている所を、おまえの身体の成り合わない所にさしふさいで、国土を生み出そうと思う。生むことはどうだろう」とおおせられると、イザナミノミコトは、「それは結構でしょう」とお答えになった。
 そこでイザナキノミコトがおおせになるには、「それでは私とおまえとこの神聖な柱をまわり、出会って結婚をしよう」とおおせになった。そう約束して男神は、「おまえは右からまわって会いなさい。私は左からまわって会いましょう」とおおせられ、約束のとおりまわるとき、イザナミノミコトが先に、「ああ、なんとすばらしい男性でしょう」と言い、その後でイザナキノミコトが、「ああ、なんとすばらしい少女だろう」と言い、それぞれ言い終わって後、男神は女神に告げて、「女が先に言葉を発したのはよくない」とおおせられた。しかし聖婚の場所で結婚して、不具の子蛭子を生んだ。この子は葦の船に乗せて流し棄てた。次に淡島を生んだ。この子も御子の数にはいれなかった。
                                 <『古事記』全訳注 次田真幸 講談社学術文庫より>

ちょっと面白いセキレイのお話

もしセキレイがいなかったら、私たち日本人は誕生しなかったかも………

《第四段一書第五》一書曰。陰神先唱曰。美哉。善少男。時以陰神先言故、為不祥。更復改巡。則陽神先唱曰。美哉。善少女。遂将合交、而不知其術。時有鶺鴒飛来揺其首尾。二神見而学之。即得交道。
  上に引用したのは『日本書紀』の一節である。ご存じこの書は、養老4年(西暦720年)に完成した歴史書である。読み下すとこうなる。ことわっておくが、これは歴史書である。
《一書第五にいう。まず女神(陰神)が先に言葉をかける。「あら素敵な男性だこと」と。ところが女のほうから先に声をかけるのはよくないというので、あらためて男神(陽神)のほうから、「おお、なんと素敵な女性に会えたことよ」といって、さてそれでは、交合しよう(一書によると、私の体の陽のところで、あなたの体の陰のところをふさぎたいと思う)ということになったが、陰を陽でふさぐのはわかったが、そのあとどうしていいか知らなかった。すると、そこに鶺鴒(セキレイ)がやって来て、尻尾を上下に振って見せた。ああそうすればいいのかというので無事に交合をした》

【うんちく】
  セキレイには「白」と「黒」と「黄」がいる。前者をハクセキレイ、中者(?)をセグロセキレイ、後者をキセキレイというのだそうだ。矢切の渡し周辺ではキセキレイはあまり見かけることはないが、ハクセキレイはよく目にする。
  つまり、ハクセキレイは平地の水辺にいて、キセキレイは渓流沿いに多いのではないだろうか。みなさん、そのあたりを注意してご覧ください。そして、それがもし事実ならセキレイの棲み分けでなにかがわかるかもしれません。

トップへ戻る

『日本書紀』にみる国生み                    養老4年(720 年)完成した   撰・舎人(とねり)親王ほか

『古事記』にみる国生み    和銅5年(712年) 太朝臣安萬侶(おおのあそみやすまろ)・太安万侶(おおのやすまろ)

別名
カワラスズメ(川原雀)
オシエドリ(教鳥)
コイオシエドリ(恋教鳥)
トツギオシエドリ(嫁教鳥)
イシタタキ(石叩き・石敲き)
ニワタタキ(庭叩き)
イワタタキ(岩叩き)

セキレイはけっこう悪戯好きなのです。サイドミラーに映った自分に喧嘩をうっています。勝てっこないのにね………。まさか、白いジョウビタキじゃないだろなァ。