2011年3月30日          pm1:23
国分寺の野口です。
ありがとうございます。
東北には ジャズの店が 一関や 盛岡や 陸前高田にあり
それぞれが それぞれに 世に知られています。
昨年 国分寺で開催された JFK(国分寺ジャズフェスティバル)に参加くださった
バイソン片山氏は 気仙沼のご出身でした。 お寺の息子さん。
実は 私の伯父が僧侶で 私も爪上の土 仏縁に預かる者です。
年配の方なら ご存知の 今春聴(筆名 東光)は 私の師の御坊です。
平泉の中尊寺 二戸の天台寺と ご縁をいただき
その関係で 今師や 瀬戸内寂聴師の CDも制作する縁をいただきました。
今回 そうした縁で 昨日 陸前高田の 隣町 平泉の中尊寺にも 連絡しましたところ
中尊寺(天台宗東北大本山) の救援物資が 陸前高田に送られていることを
教えていただきました。
今日 お昼 正午過ぎに 中尊寺から電話をいただきました。
明日 陸前高田・第一中学校に 中尊寺から 救援物資を送る便があるので
冨山勝敏さんを探して お話をお伝えします。
という 連絡でした。
担当くださる 僧侶の方は 私と30年以上 お世話になっている方で
大正大学(巣鴨の佛教大学)の学生時代 
「龍の子太郎」 の作者 松谷みよ子さんの 人形劇団に入って
活動されていた という経歴の方です。
今も そうした活動の 衝動を 保ちつづけておられます。
盛岡で ジャズの店を開かれた 照井顕氏は 平泉の出身で
アキヨシ トシコさんも 二度 中尊寺に来られたそうです。
藤原さんからの メッセージと
中尊寺からの 伝言が ほぼ 同時に 冨山さんに届くかと
思っています。
中尊寺さんにも 「矢切通信」のことを 話しました。
よい方向に 向かえば良いですね と 言っていただき
今後のことを 楽しみにしているところです。
よろしくお願いいたします。
                    国分寺 野口眞一郎 拝

<ジネット・ヌヴォー協会ジャポン 野口眞一郎氏より藤原ヘ>

トップへ戻る

2011年3月23日          am10:33                           提案ページへ
【大船渡、陸前高田両市復興計画概要総論提案】
ケセンきらめき大学観光学部:h.イマジン 冨山勝敏(陸前高田一中避難所難民)

★大船渡、陸前高田両市長及び市役所担当者、商工会議所会長、青年会議所、街興し関連組織関係者等、話が進展する方々にお知らせ下さい。★

@[大津波被害壊滅都市遺跡永久保存計画]

●大船渡、陸前高田両市大津波壊滅状態をそのままそっくりイタリア「火山噴火埋没ポンペイ遺跡」同様に壊滅市街全
  体を永久的にあるがまま放置保存(各町名毎に被災死者への哀悼の念を込めたモニュメント程度)し、自然淘汰のな
  すがままに任せる。

●全世界に大地震、大津波火山噴火等の自然災害の恐ろしさと人間の驕り高ぶりを戒める警鐘を永久に鳴らし訴え続
  け、全世界のあらゆる立場の人々に現状見学してもらう「大津波被害壊滅都市遺跡」とする。

●永久的に「大津波被害壊滅都市見学ツアー」を企画立上げ、ツアー収入費用を陸前高田、大船渡両市復興支援費
  用に充てる。

●見学者に「大津波壊滅市民避難生活体験ツアー」メニューを企画し、収入を復興支援費用に充てる。

A[新たな街作り]

●陸前高田市は津波対策堤防の無力を認識し再構築を止め、防風林も止め、(例)海抜50m以上地域(例)鳴石団地
  周を中心に氷上山麓等に宅地、道路、生活環境インフラを整備し、街全体を大津波壊滅都市遺跡保存することで再
  構築費用を削減し、新市街地開発費用に充てる。

●大船渡市も陸前高田市同様に大船渡湾津波対策堤防の無力を認識し、今回被災しなかった場所以上や例えば海抜
  50m以上地域に宅地、道路、生活インフラ整備等の市街地再開発をする。

●再開発費用も陸前高田市同様に被災地全体整備回復を一切諦め、「大津波被害壊滅都市遺跡」として永久保存し、
  (各町名毎に被災死者に哀悼の念を込めたモニュメント程度)その復興費用全てを充てる。

B[復興作業員]

●新たな街造りは業者、作業員とも全て陸前高田、大船渡両市市民に限定し働く職場を確保する。

●役所関連本部機関は陸前高田市大船渡市住田町全体で一ヶ所集約し費用、人員、作業効率化を図る。

●復興事業担当業界は私利私欲を排除し、1人勝ち根性を捨て、特殊事情に配慮した薄利見積りに徹し、作業員を含
  め各人の立場に対応した収入分配公平化を図る。

C各詳細論については市民の意見をコンテストで吸い上げ、世界に類を見ないドラマチック理想郷を創造する。

D「大津波災害壊滅都市遺跡」に関する課題。

●インバウンド見学ツアー対応被災体験者外国語ガイド育成。

●遺跡化に当たり具体的表現案検討。
 (例)崩壊建物瓦礫・廃墟建物保存[ホテル・市役所・病院・アパートマンション・工場煙突・気仙大橋・姉羽橋・グランド
 照明塔・その他形状残骸ある物等]

●被災市街地の既存水道施設、電柱電気施設、固定や携帯電話通信施設等の復興膨大費用を、新都市復興事業費
  用に充てる。

●新都市復興事業に際し、電線、通信線は新たな道路側溝に併設し、上水道菅もメンテナンスの将来性を考慮した道
  路並列化工夫により道路を掘り返す無駄を極力押さえる方法を検討する。

●住居被災者に対し両市、住田町の無被害家屋の空き室(大きな家に老夫婦だけ…の話も多々聞く)に間借り促進策
  を推進し、仮設住宅建設費用を節約し新たな街復興事業費用に充てる。
      以上。

contine next text  All Rights Reserved(C)Copyright 2011 Mar.11th 冨山勝敏(ケセンきらめき大学:観光学部)
※誤字脱字てにをは誤用は御容赦の程。


 右の写真より鮮明な写真は、アジア航測株式会社がホームページ上で公開していますが、許可なく使用してはいけないことになっています。公開しているわけですから、不特定多数の人でも見ることができますが、私からは見せてあげることができないので、見たい方は下記のアドレスをクリックしてください。だれでも自由に見ることができるはずです。もちろん見物料はいらないはずです。
                         <藤原 記>
http://www.ajiko.co.jp/bousai/touhoku2011/_GYO2159-rikuzantakada.jpg
地震の概要                                気象庁地震津波監視課  電話03-3211-7952
発生日時 3月11日14時46分頃
マグニチュード 8.4(暫定値)
場所および深さ 三陸沖(牡鹿半島の東南東、約130km付近)、深さ約10km(速報値)
発震機構等 西北西−東南東方向に圧力軸を持つ逆断層型(CMT解)
震度 【最大震度7】宮城県栗原市(クリハラシ)で震度7、宮城県の涌谷町(ワクヤチョウ)、登米市(トメシ)、大崎市(オオサキシ)、名取市(ナトリシ)など、宮城県、福島県、茨城県、栃木県の4県28市町村で震度6強を観測したほか、東北地方を中心に、北海道から九州地方にかけて震度6弱〜1を観測しました。

○ 津波警報等の発表状況

津波警報(大津波):北海道太平洋沿岸東部、北海道太平洋沿岸中部、北海道太平洋沿岸西部、青森県太平洋沿岸、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、千葉県九十九里・外房、伊豆諸島(11日15時33分現在)
津波警報( 津 波 ):北海道日本海沿岸南部、青森県日本海沿岸、陸奥湾、千葉県内房、東京湾内湾、小笠原諸島、相模湾・三浦半島、静岡県、愛知県外海、伊勢・三河湾、三重県南部、淡路島南部、和歌山県、徳島県、愛媛県宇和海沿岸、高知県、大分県豊後水道沿岸、宮崎県、鹿児島県東部、種子島・屋久島地方、奄美諸島・トカラ列島、沖縄本島地方、大東島地方、宮古島・八重山地方(11日15時33分現在)
津波注意報:オホーツク海沿岸、大阪府、兵庫県瀬戸内海沿岸、岡山県、香川県、愛媛県瀬戸内海沿岸、有明・八代海、長崎県西方、熊本県天草灘沿岸、大分県瀬戸内海沿岸、鹿児島県西部(11日15時33分現在)

○ 津波の観測状況

 11日15時34分現在、青森県太平洋沿岸、岩手県、宮城県、福島県、千葉県九十九里・外房で津波を観測しています。・最大の高さ:釜石(4.2m)、宮古(4.0m)、大船渡(3.3m)、石巻市鮎川(3.3m)など(15時30分現在)

右手の山にお墓が見える。浄土寺だろうか、本称寺だろうか。正面奥には津波に流されなかった家々が見える。

トップへ戻る

bQ

<ジネット・ヌヴォー協会ジャポン 野口眞一郎氏より藤原ヘ>

岩手県陸前高田市より  冨山 勝敏 さん からの便り

<ジネット・ヌヴー協会ジャポン  野口眞一郎氏→冨山さん  野口氏→藤原ヘ>
●2011年3月31日             am0:33

藤原様

メール ありがとうございます。
早速に 中尊寺様に ファクシミリにて 藤原様からの メールを
転送しました。
また 冨山様に 以下の メールを 送らせていただきました。
よろしくお願いいたします。
               東京 国分寺     野口(眞) 拝
 .............................................
フジテレビで 拝見いたしました。
ツイッターで 藤原嗣治様の「矢切通信」に つながりまして
東京 国分寺から メールを差し上げています。
届きましたら ご返事ください。
私の知人で 平泉・中尊寺の住侶の方が 私の伝言を持って
訪ねてくださいますので ご迷惑でなければ よろしく 御検討ください。
大変な 事態のさ中を 失礼いたします。
本当に 大変な中を 御無礼申し上げます。

   
     東京都国分寺市**********
                       野口眞一郎 拝
2011年3月30日            am10:13
メール ありがとうございます。
 
転送 ありがとうございました。
さて フジテレビを見てから 24時間で 
困難な作業が こんなにも すみやかに 運びました。
ありがとうございます。
ネット 《フジテレビ》 → ツイッター 《冨山勝敏》 → メール 《矢切通信》  と
試みたのでしたが 
ありがとうございました。
冨山さんからの ご連絡を 待ってみます。
お住まいは 葛飾の方ですか?
もし 国分寺方面に来られることがありましたら
ご一報ください。
武蔵野線 だと 新松戸から 一時間です。
武蔵野線 西国分寺駅 下車 南 二分 です。
ありがとうございました。
感謝!!
          ジネット・ヌヴー協会ジャポン  野口眞一郎 拝

<和歌山県で田舎暮らしを楽しんでいる知人を経由して下記のようなメールがきましたので転載します。>

Sent: Tuesday, March 29, 2011 8:46 PM
Subject: 東京都国分寺市からです。「矢切通信」さまに 転送願います。

東京都国分寺市に住んでおります 野口というものです。
フジテレビ で 陸前高田市 第一中学校に避難されている 
[h.イマジン]の 冨山勝敏さんのお姿を拝見しました。
私は 東京で音楽制作をしています。
クラシック・文藝CD 企画・制作 ジネット・ヌヴー協会ジャポン
で 検索もできます。
かたわら アナログの耳聴きの感覚を保ちたいと
蓄音機コンサートも 20年ちかく続けています。
「ジネット 野口」「蓄音機 野口」で検索していただきますと
さまざまな活動や 紹介記事が 出てまいります。
実は 90年ほど昔の アメリカ・ビクトローラ蓄音器(小ぶりの函型) と数枚のレコードを
冨山様に お贈りしたい という 衝動に 今朝から
突き動かされ どうにもなりません。
岩手の知人にも相談し どうすれば 陸前高田に 連絡できるだろうか
と さまざまに試みていました。
もし このメールが いくつかの 方々の眼を通して 冨山様に
たどり着くなら
今 そんなこと 言われても 迷惑な現状なのだ!
 とか
いや ぜひ 多くの避難者の方たちの 耳に
届けたい。
とか お知らせいただきましたら 幸いです。
わたくしたちは 地震発生の夜から夜半にかけ
寒空の駅前で 遠距離タクシーを待っている方々に
甘酒を 差し上げ しばしの暖をとっていただきました。
20日には 中型の蓄音機で
「チャリティちくおんきコンサート」を 
また 26・27日には 「復興祈願・ちくおんきコンサート」を
いたしました。
明後日 31日(木)には 国分寺市に避難されている 数名の
方(福島県)に 
「応援コンサート」を いたします。
お贈りする 蓄音器は 小型のものですが 音はしっかりしています。
ご負担は 一切 おかけすることなく お届けできます。
もし 中学校や 地元の多くの方々の 
お役に立てられるなら
お邪魔でなければ
お贈りしたいと 念っています。
電話でも メールででも ご連絡いただきましたら 幸いです。
このメッセージが 「矢切通信」に 届き さらに
冨山勝敏様に 届きますよう
よろしく お願いいたします。
        185−0024
        東京都国分寺市*******
            ジネット・ヌヴー協会ジャポン
                 野口眞一郎    
        042********* (電話・ファクシミリ) 

震災前までの冨山さんのホームページ  http://love.ap.teacup.com/himagine/

災害救助法に注文!!!

2011年3月31日            am9:50
おはようございます。
避難民体験20日経過。
昨日、ジネット・ヌヴー協会ジャポン 野口氏よりメール受信いたしました。

避難所に平泉から僧侶?の方が訪ねて来られるとの事です。

尚、本日10時より陸前高田市高田第一中学校避難所体育館で卒業証書授与式開催(準備風景画像添付)されます。
避難民全員も参加し卒業生を祝福いたします。

●2011年3月28日         am8:19
今朝の岩手日報記事:陸前高田市壊滅画像です。

今回のメールは2回にわけて私のパソコンに送られてきました。長文でした。少し手をいれて読みやすくしました。あとは、そのままです。誤字脱字があってもそのままです。

●2011年3月27日    pm5:01
お店の名残…カウンター椅子と厨房瓦斯台、ステレオアンプ残骸が…!

お店正面入り口基礎一部に赤と緑色の建物名残が…!

♪陸中海岸国立公園♪陸前高田城跡本丸公園♪Jazz Cafe Saloon『h.IMAGINE』♪
2011年3月25日         am0:40
 Sub:津波その後
行方不明者捜索活動と避難所様子映像添付します。

左の写真は駅前ロータリーから内陸方面に向かって撮った写真です。冨山さんから送られた写真はこの先のたぶん右側の商店街ではないかと思われます。

 ●

冨山さんとのこと
  冨山勝敏さんに会ったのは2010年11月だった。当時、冨山さんは、6年間住んでいた大船渡市の名勝「碁石海岸」のログハウス「ジャズカフェ Saloon h.IMAGINE」を焼け出されたばかりだった。 リタイア後をのんびりと好きな音楽でも聴きながら過ごしたい
と手にいれた家だった。
  お会いしたときは、それにもめげず、隣町の陸前高田市にあった旧陸前高田町役場をリニューアルして同名のカフェを復活させようとなさっていたときだった。
  きっかけは、大船渡時代に知り合いになって意気投合したロス在住のMさん(陸前高田市出身)からの火事見舞いの電話だった。 「昭和25年に建てられた役場が50年近く空き家のままに放置されていて、取り壊そうという話がもちあがっている。私が地元に住んでいたら買い取って保存をするのだけれど、 アメリカにいるのでそれができない。あなたなら、きっと、うまく活用できると思うから、やっていただけないかしら」
  受話器の向こうのその声に後押しされ、翌日さっそく市役所に行って、払い下げの申請書をもらってきて、手続きをした。
「建物を見に行ってみたら、ボロボロ、お化け屋敷のようだった。 ところが、聞こえて
きたんです。俺をなんとかしてくれってね」
 そんなわけで冨山さんは、お化け屋敷を払い下げてもらいリニューアルすることに
した。半年後の12月オープンの予定で工事に着手。そして、予定どおりに開店した。

                                          <藤原 記>

<避難者も参加し、全員で卒業式の準備>

トップへ戻る

著作権について
 本ページで公開している文書および画像の著作権は、すべてアジア航測株式会社に帰属します。 本ページで得られた情報について許可なく、転載、販売、出版、公開をしないでください。     <同社ホームページより転載 藤原>

2011年3月24日          am10:03
今日は快晴!本丸公園跡地から、3月11日大津波の牙を剥いた太平洋が、いままては建物で望めなかったのに、市街壊滅状態の為、何事もなかったように穏やかにくっきり遠望できます。

地図をそえてみました。赤丸のあたりから矢印の方向を望んだものでしょう。上の写真は昨年11月に撮影したものです。

●2011年3月18日   am10:35
From:ジャズカフェ冨山勝敏
Sub:地震大津波

新たなお店は津波に乗って難破船に〓
私は無事です。

●2011年3月21日  pm2:35
こんにちは。
避難民体験10日目です。

カフェのあるところは海抜15mほどあるので、最初の大揺れで津波はどうだろうと思って裏の山に見に行ったんです。そうしたら、沖のほうから大きな波がやってくるじゃないですか。あれよあれよというまに、町が飲み込まれる、3階建ての市役所を乗り越える。これはダメだろうと、途中まで山を下ってカフェが見えるところまできたところで目に飛び込んできたのが家が流れていくところでした。2階建てがすっぽり埋まったところを見ると、30mはゆうにあったんじゃないかな」(冨山さん談  藤原 記)

市役所
  

海岸線
  

●2011年3月26日               am8:54
今日は寒く小雨です。
写真は避難所生活髭モジャの私です・
 もう一枚はカフェ跡近くから山側を見たものです

Tomiyama
 メール

2011年3月11日 午後3時49分

●2011年3月28日            am7:24
本丸公園てっぺんから見た大津波来襲時の一瞬画像です。

道の駅がほぼ呑み込まれ、一般住宅がほぼ全て水没し、農協ビルが呑み込まれる直前の画像と、我が店が呑み込まれ消え去った一瞬の画像です。

玄関前に立ち元あったカフェ方向を見る。

何を語るのか? 足長スツールひとつ、それにガス台が残っていた。

2011年3月22日  am11:11
陸前高田駅前通りアーケイド街廃墟とビル廃墟画像添付します。

古い建物だけに外観はボロボロだったが、基本的な骨組みはしっかりしていた。会議室や事務室や宿直室など大小12の部屋があった。ここをカフェにして、ここは展示場にしてと、芸術・文化の拠点としての夢は広がっていた。<藤原 記>

4月1日へ続く

トップへ戻る

Web待避所をご覧になった渡辺一市さんから冨山さん宛にメッセージが届きました。
ありがとうございました。

○2011年3月26日      pm3:50

渡辺と申します。
突然のメールで申し訳ございません。

冨山さんが無事で何よりです。
私は2月末の休日に盛岡市から陸前高田を訪問し勝敏さんの店に立ち寄った者です。
岩手日報に勝敏さんの店の紹介があり 出身が福島県郡山市と聞いて大変興味を
持っておりました。私も同郷の出身です。
訪問した際には その話をしたり店を取得した経緯などを伺ったりして
1時間弱の滞在でした。
震災の後、とても気になっておりました。ネットで安否を確認するも名前が見つからなくて
なすすべもなく、会社のテレビを見ておりましたら、突然勝敏さんが映りました。
インタビューされておりました。
   これで安心 元気そうでした。
訪問した時は家内と一緒でしたので、テレビに勝敏さんが映った事を家内に話をしましたら
家内も大変喜んでおりました。 
お店を写真に映してきております。それが今ではもう見れないのかと思うと残念です。

でも また頑張れば・・・      何時か再会できる事を楽しみにしております。

  大変すみませんが 勝敏さんにお伝え願えればと思います。

2011年3月31日             pm4;46
本日中尊寺菅原様から野口さまからの資料頂きました。

早速避難所本部総務担当者に申し出を検討していただくよう資料を渡しました。
ネットワークパワーって凄いですね。


<ジネット・ヌヴー協会ジャポン  野口眞一郎氏→藤原へ>
2011年3月31日             pm8:11
藤原様
おかげさまで 中尊寺の 菅原光中師と 冨山さんは
今日 無事 出遭うことができました。
冨山さんからは 重ねて メールが 順調に届いております。
ありがとうございます。
蓄音器は こころよく 受け入れていただけるようです。
ありがとうございます。
きょうの ちくおんきコンサート
福島県からの 被災者ご夫婦は 原発10キロ以内のエリアから
国分寺の ご子息を頼って 車で脱出された方でした。
ものすごい 振動で
普段の 訓練は まったく 役に立たなかったくらいの
大規模の 巨大地震であった と
お話くださいました。
われわれ 地元(国分寺市)で 民生委員 交通安全協会 防災会 自治会の
メンバーも
とても 学ばせていただきました。
近く 冨山様に 直接 お目にかかれるかと 思っております。
よろしく お願い いたします。
ありがとうございます。
                           野口眞一郎 拝                                             

<それぞれの胸に思いを抱いて………?>

冨山さん→ジネット・ヌヴー協会ジャポン  野口眞一郎氏ヘ→藤原ヘ転送>
●2011年3月31日           am11:36

おはようございます。 
冨山さんから 初のメール いただきました。
 ご芳助 ありがとうございました。
                      感謝!!
.......................................................
野口さま
おはようございます。
メール受信いたしました。現在は陸前高田市高田第一中学校避難所で避難民体験してます。
ご来訪お待ちしております。
陸前高田市  冨山勝敏

2011年3月31日        am10:54
Sub:卒業式模様
大災害避難所となった陸前高田市高田第一中学校体育館での感動的卒業証書授与式模様画像添付します。

トップへ戻る

2011年3月21日  pm2:45
大津波当日の様子とお店の廃墟画像添付します。

カフェのあった辺り
  

高田第一中学校体育館の冨山さん

2011年3月9日
今日昼前「震度5地震」発生! 余震も被害もなく♪ 一安心♪

2011年3月10日
それから今回!・・・本丸公園移転間もなく、かなり大きな地震が!昨日と今朝と・・・・・・ 災いもたらす? 嵐を呼ぶ? 「老いた天使」の仕業?


前触れ地震と津波の詳細は、3月11日の冨山さんのホームページをご覧下さい。  http://love.ap.teacup.com/himagine/  <藤原 記>

2011年3月11日 午後3時43分

2011年3月22日  am11:18
本日12日振り自衛隊支援風呂に入浴できました。
男女別々25人いっぺんに入れるんです。
お年寄り(私も)達大喜びでした。

トップへ戻る