●2011年4月10日       am6:11
Sub:蓄音機コンサート

おはようございます。
昨日蓄音機コンサート開催しました。

野口眞一郎氏と共鳴する仲間の方々が、国分寺市から遠路はるばる平泉中尊寺参与 菅原氏を始め関係者と共に来訪され、予定時間も40分延長され盛大に行われました。

涙流される方、感動感激される方、蓄音機を初めて見聞きする子供達、見た事あるけど初めて聴く若い女性達、…美味しい水だし珈琲の芳しい香りも雰囲気盛り上げ、まさに感動と優しく癒された時間を堪能しました。

野口さま、中尊寺菅原さま始め関係者の方々にあらためて厚くお礼申し上げます。
水だし珈琲もとっても美味しかったです。ありがとうございました。 感謝!


陸前高田市高田第一中学校避難所避難民
 h.イマジン 冨山

●2011年4月8日      am8:12
Sub:いよいよ きょう午後 出発

 おはようございます。
 いよいよ きょう午後 出発いたします。昨日夜も 宮城県沖で 大きな余震でした。 気をつけながら向かいます。
 寒暖の差が 凄いですね。1988年の春を思い起こします。今日は 4月8日 降誕会(ごうたんえ)お釈迦様の誕生を祝う 花まつりの日です。高木禎信さん(多摩市関戸 観音寺住職) はじめ 同道のお坊さんたちは ご法要を了えてから出発されます。
 国立駅大学通りの桜並木は満開です。 今年は夜桜のお花見も自粛気味です。昭和63年の4月8日は 東京は大雪でした。万朶の桜が雪の重さに耐えていました。散り始めると桜花は弱いですが 咲き初めから満開のころは つよいのだなぁ と感激したことを憶えています。
 さて たくさんの応援物資が届いています。
 国分寺市 真夏の音楽祭 T−soul 実行委員会 と 国立市 忌野清志郎のファンの方たちからは女性用肌着を。歯ブラシ ボールペン・・・ 立川市の友人からも 衣類等が届きました。国分寺 泉町児童館からは たくさんのぬいぐるみ。
 また 史跡の駅「おたカフェ」( 学生が運営する 天平の郷 武蔵國分寺史蹟にある 喫茶店 )高浜さん 奥田さんたちからも  お米をはじめ それぞれに工夫された さまざまな物資が届きました。
福井県の名水は 中尊寺経由で 後日 別便で届きます。
 それから ちくおんき仲間からは LPプレーヤー用の アダプター。 パソコンでも 再生できるようにと。蓄音器の駆動部の メンテナンスも 出来ました。
 昭島市田中町 奥多摩街道の旧家の蔵から出てきた時は ゼンマイも切れていました。パーツも劣化していました。 すべて完動品として お贈りできます。 このことが一番うれしいです。
  6日夜 漫画家 梶山直美さんからは ダンボール函 5函。「パスワード シリーズ」として知られる児童文学の 挿絵を担当されている 梶山さんの メッセージ入り図書館向けの ハードカバー版と 普及版(一般書店 市販の人気作品)を いただいてきました。
 また カラーコピーですが 読者のみなさんに と描いてくださった おなじみのキャラクター とメッセージを お預かりしました。これらは 地域の小・中学校図書館で 活用していただければ とのことでした。ほかの方からも講談社版の 100巻をこえる 日本文学全集も お申し出いただいていますが時期を見て と 思っています。
 それから これまで福島県天童市 宮城県登米市で活動していたクルミドコーヒーのスタッフ(蓄音機ファン) 古橋くんが 同行します。当日 ちくおんきを聴いてくださる方に 一人当たり デミタスくらいの量なのですが水出しコーヒーを差し上げたいと 8時間かけて落とす コーヒーを ポリタンクで運びます。彼は12歳のとき 阪神淡路大震災を体験しました。今回の 国分寺に来られた被災者のかたのための ちくおんきコンサートもサポートしてくれました。お店で 蓄音機を聴きながら コーヒーを楽しんでいただいているように と彼ならではの発想で 体育館で 臨時出店の「h.イマジン V」を。
 C&Bカレーってご存知ですか? 
 200年くらい前に イギリスでつくられた カレー粉でブレンドスパイスの ルーツです。業務用の缶(400g)を5缶 持ってゆきますのでいわゆる 炊き出しではなく どなたか プロの方に たまねぎと チキン バターだけのスープカレーを 拵えてもらえれば あたたまるかと思っています。
 大がかりなことではありませんが みんなの気持ちがいっぱい詰ったワゴンが奥州に向かいます。よろしくお願いいたします。
  9日朝 今回 アッシー君を務めてくださる 同道のお坊さんたち( 中尊寺・菅原師の後輩でもあります。)は 金色堂に近い 歴代住職の墓所に分骨されている今春聴大僧正(筆名:今東光)の墓前で今回の 多くの犠牲となられた方々にむけての読経を勤めてくださいます。それから 陸前高田に向かいます。午前11時ころには 到着の予定です。
 私も 久々の 師の御坊のお参りが このようなかたちで 御縁を頂戴するとは まぼろしのようです。
よろしくお願いいたします。 
                                  東京・国分寺市 野口(眞)拝    
 

トップへ戻る

●2011年4月5日           am10:22
Sub:蓄音機コンサート

避難所取材マスコミ関係者及びマスター知人各位さま

h.イマジン 冨山宛て下記メールが届きました。
順調であれば4/9午後には陸前高田市高田第一中学校避難所にて「蓄音機コンサート」が開催できるようですので、皆様にお知らせ致します。

*********************
冨山さま

このたびはありがとうございます。
毎日陸前高田のご様子がテレビで紹介され、第一中学校のさまざまな情報を拝見いたしております。
昨日は毎日新聞社の久野記者さまからお電話いただきました。
よき方向に向かえればと希っております。
次に、私たちの東北行きのスケジュールが大体決まりましたのでお知らせいたします。
 4月8日の夕刻または夜には一関に着く予定です。
 9日午前中には第一中学校に着けるかと思います。
午後からでも蓄音機コンサートが出来ればいいかなと思っております。
それから、蓄音機は中型(小型オルガンくらいの大きさ)と小型(函型)の蓄音器と二台で、一台は持ち帰りますが、小型のものを冨山さんに託したく思っております。
 レコードも50枚くらいは持ってゆきますが、その中から20枚くらいを差し上げたく思っております。
それから、アンプは適当なのが無いのですが、スピーカーを持ってゆければと
思っています。
 プレーヤーはデンオン、クォーツ、DP−37Fです。45、331/3 回転のみ

東京都国分寺市泉町3丁目*******
クラシック・文藝CD企画・制作 ジネット・ヌヴー協会ジャポン
  野口眞一郎
東京都国分寺市泉町3丁目********

*********************

陸前高田市高田第一中学校避難所避難民 h.イマジン 冨山
〒029-2205陸前高田市高田町本丸29-2
TEL 0192******
au 090*******
URL http://love.ap.teacup.com/himagine/

●2011年4月5日         pm8:07
Sub:回答

  暫くは通信インフラ機能壊滅で、情報源は自動車ラジオと携帯ラジオだけですので、両方無い一般人は本当の事は全く不明で、避難民の流言飛語(…らしいよ!…と言ってたよ!…なんだって!…かもしれないよ!)が闊歩状態の中で、新聞だけが情報源でした。
  通信インフラ機能が徐々に回復した後でようやく安否確認可能になりましたが、しばらくは、携帯電話メールが思うようにつながらない期間は長かったです。
  携帯電話機能が回復とともに携帯会社が携帯充電器サービスを始めました。
  電気回復とともに地上デジタル放送テレビも避難所に設置されました。
従って、充電器や携帯TVやラジオ支援は電気通信インフラ回復迄の間だけのようです。

                                                                 冨山

●2011年4月2日      am8:01
おはようございます。
河北新報4/1から連載シリーズ「ふんばる」第一号に寺島英弥編集局が取材した私の津波被害避難記録を大きく掲載してくれました。

あまりにも大きな大災害に陸前高田市含め自治体の復興生活インフラ整備計画方向性も一向に進まず(決められず?)同じ場所に住居建設出来るか否か?仮設住宅の数は?働く場所は?などなど避難民生活に出口が見いだせない状況がどのくらい続くのか悶々の毎日です。

昨日先輩知人から、宮城県蔵王の遠刈田温泉の洒落た洋風鉄筋コンクリートペンション(建築費1.5億円築年数未確認、風呂源泉かけ流がし、自宅別棟付き)を1千万円で買い手を探してる話にピクリッ!っと反応してる自分がいました。

<4月2日 夕食>

<4月3日 朝食>

トップへ戻る

トップへ戻る

岩手県陸前高田市より  冨山 勝敏 さん からの便り

bR

<2011年4月1日  河北新報より転載>

Tomiyama
 メール

トップへ戻る

●2011年4月7日         pm7:36
Sub:生存者と行方不明者

●陸前高田市高田第一中学校体育館避難所に避難した人の名簿一覧表が貼り出され、当初は一心不乱にチェックす
  る人々で混雑してました。
●あわせて行方不明者や尋ね人の写真を貼り出す人々が続々と、それらを真剣に見つめる人々が絶えません。
  生存確認して歓喜の涙する人、死亡確認され泣き崩れる人!気の毒で言葉もありません。…合掌

●2011年4月7日        am7:31
Sub:避難所生活

避難所に愛の応援メッセージ続々と…。
ツィッターの呟きが災害避難者の心中察した心暖まる、元気づけられる、優しい、素晴らしいメッセージとして全国から続々発信されとどいてます。

また苫小牧の高校吹奏楽部メンバーほぼ全員から被災者を慮る優しい労り、激励、共に前に進もう…とのメッセージレターが所狭しと飾られ、私も全てをじっくり読みながら、感動しつつ若者パワーの素晴らしさに、日本の将来は若者に安心して任せられると実感しつます。


<藤原から冨山さんに質問をしました。以下のような質問内容です>
●2011年4月5日        pm3:37
Sub:質問

 今回、感じたことは携帯メールの素晴らしさです。電話はあいかわらず通じないようですが、どうしてメールだけは通じるのでしょう。どのようにしてメールを送っていらっしゃるのかお教えください。
 前回、中尊寺からの慰問のときに、携帯電話の充電器を持って行ってもらうようにお願いをしましたが、充電のほうはどうのようになさっていますか。また、携帯電話機そのものを持って行くというのは、はたして役に立つことなのでしょうか。それも知りたいことのひとつです。あるは、携帯ラジオ、携帯テレビなども、差し入れ物資としては役立つのでしょうか? 
 
  *****************************************
      〒271-0096 千葉県松戸市下矢切263
                     藤 原  嗣 治
              047-367-0093(Fax同)
               Doco 090-3332-9953
         tsuguji@mb.infoweb.ne.jp
    .       http://chiya.a.la9.jp/
  (今回の震災の「Web待避所」にもなっています)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●2011年4月3日                   am10:36
Sub:避難所の状況


  避難所の状況や様子と避難民も避難所本部スタッフも同じ災害避難者なので、救援物資に関して医療体制含め、文句を言う方は無いようです。
 
  食事についても、通常の救援食事以外に、近隣のスィーツや和洋菓子メーカーからおやつが届いたり、ドリンクが届いたりして、贅沢は言えない!…と、ほとんどの方が納得した顔つき落ち着いております。
欲をいえば野菜類が不足してる事ですね!
 
  救援物資でいらないもの?…衣類関連がだぶつき処理に困る…とは聞きました。
1人あたり一畳スペースの避難所では食料関連、水、衛生消耗品、少々の衣料品など以外は置場所も無く、避難所本部も避難所生活に最小限必要な物以外の救援物資に頭を痛めているようです。
 
  それにつけても、早く避難所生活を脱け出す為の政府や自治体の方針や個人に対する災害復興支援金を沢山振り込んで欲しい!です。(*^m^*) ムフッ

2011年4月1日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   (22日目) 

●2011年4月10日      am8:32
Sub:新聞記事

今朝の河北新報社に蓄音機コンサート記事が掲載されました。

陸前高田市高田第一中学校避難所避難民
 h.イマジン 冨山

4月11日へ続く

アメリカはアリゾナ州ツーソンから応援メッセージ! しかも沢山の国の言葉が満載手作り日本国旗二枚とTシャツが届けられ、皆さん見いってました。
…ツーソン? って言えば…西部劇で駅馬車中継所があり、カウボーイ達が牛の大群を砂煙を巻き上げ…インディアンが闊歩して…名場面が思い出されます。

それにしても、避難所受付で手際良くあらゆる質問を処理するボランティアスタッフの若者達はエライ! …同じ災害避難民なのに…!

<ジネット 野口 眞一郎さんより → 藤原へ>

トップへ戻る

●2011年4月6日          pm2:06
Sub:嬉しいサービス

今日の画像は避難民への嬉しいサービスを紹介。
NTT無料衛星電話と無料インターネット設置風景送ります(^_^)v

震災前までの冨山さんのホームページ  http://love.ap.teacup.com/himagine/

<藤原から → 冨山さんへ>
●2011年4月9日       am9:49
Sub:アップしました

おはようございます。さきほど原稿をアップしました。そういえば、今日は国分寺の野口さん一行が訪問なさるそうですね。
こうした慰問が来始めたのはいつごろからですか? メールで最初に届いたのはスコップ三味線だったように思いますが、そうですか?

被災地の日々の暮らし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・食/娯楽/体操

●2011年4月2日           pm8:05
Sub:今晩の晩ご飯
今晩のメニューは
おにぎり二個とウインナーソーセージ付きサラダと味噌汁です。
<4月2日 夕食 この食事は陸前高田市の避難所 第一中学校のものです>

♪陸中海岸国立公園♪陸前高田城跡本丸公園♪Jazz Cafe Saloon『h.IMAGINE』♪

ふんばる 3.11大震災/レコード1枚、夢残す

店の跡にたたずむ冨山さん。建物は流され、土台だけになった=3月20日、陸前高田市

◎心癒やし集える場必ず
ジャズ喫茶店主 冨山 勝敏さん(69)=陸前高田市

 大津波で街が壊滅した岩手県陸前高田市。約1200人が第一中学校で避難生活を送る。マットが敷き詰められた体育館に冨山勝敏さん(69)はいた。
 「東京五輪のころ、古里の郡山市の高校を出て、東京でフーテン生活を送った。そこに戻って出直すようなもの」
 陸前高田市のジャズ喫茶「h.イマジン」の店主。ジャズの名盤と本格コーヒーを楽しむ大勢のファンに親しまれた。店名はジョン・レノンの愛と平和の歌と「暇人」を掛けた。自らの人生観の表現だという。
 「まさか、まさかと言っている間に、その店を2度も失うのだからね」
 大船渡市の碁石海岸で2003年に開いた最初の店が昨年2月、火事で全焼した。陸前高田市に移り、再出発したのは昨年12月。3カ月もたたないうちに、今度は大津波が襲った。
 東京の大手ホテルの会計システム責任者やベンチャー企業の役員などを経て、歩み始めた第二の人生。陸前高田の店は、築60年という旧高田町役場庁舎を手塩に掛けて改装した「夢の店」だった。
 
 「マスターなら価値を分かってくれますね」。友人のメールが、旧庁舎との縁を結んだ。火災後、陸前高田市内で借住まいして間もないころ。
 早速足を運んだ。技巧で名高い地元の気仙大工が手掛けた2階建て庁舎。ぼろぼろだったが、はりや柱は堅固だった。洋館の趣があった。
 市の撤去方針に対し、保存運動が起きていた。市に掛け合うと、払い下げ額は200万円。
 「一目ぼれだった。東京で第二の人生のすみかを探した時、ここ気仙地方の海岸の風光に心ひかれたように」
 あの3月11日、逃げた高台から、引き潮に没する店を見た。

 がれきの野と化した市街に3月20日、初めて足を運んだ。
 柔らかい緑と赤の外壁、広いテラス、欧風の内装。その建物はすっかり消え去っていた。
 吟味したドイツの紅茶、オリジナルのコーヒー、そしてジャズの響き。連日50人ほどでにぎわった店の跡には、革張りの椅子1脚が転がり、ジャケットのない古いジャズのレコード1枚が落ちていた。
 「昔の建物だから土台は大丈夫だ。これが私の元手。木材を集めて掘っ立て小屋を建て、そこからまた始めるよ」
 避難所には、Iターンして以来の友人たちが入れ替わり訪れ、応援してくれる。
 「東京にはなかった人の情が何よりの財産になった。しばらく、みんな苦労の日々が続く。心を癒やしに集える場をつくるのが、次の仕事だ」
 店の玄関脇の辺りに、緑の芽があった。スイセン。津波の潮と砂にもまれた後も伸びている。「咲いてほしい」と冨山さんは願う。
 身を寄せる第一中学校のグランドでは今、仮設住宅の建設が急ピッチで進む。(寺島英弥)

                                          2011年04月01日金曜日

<東京以西では、スッカラカンだったスーパーの棚に徐々にだが商品が並んできた。ところが、水の棚だけは空のままだ。放射能汚染のせいだ。今回の震災には、津波被害と放射能汚染のふたつの大問題がある。そこで、失礼を承知で、こんな質問をしてみた。  藤原 >
●2011年4月8日     am7:47
Sub:原稿アップしました
さきほどメールをアップしました。いまも仮説住宅のニュースをNHKTVで放送しましたが、まずは暮らしのリズムが取り戻せるといいですね。ところで、東京方面では、どちらかというと福島県の原発のことがとりざたされていますが、陸前高田のほうではどのような受け止め方をなさっていますか?      藤原


●2011年4月8日     am8:23
Sub:・・・・・・・・・・

福島県原発事故災害については、私が感じる限りではほぼ無関心? 他人事的出来事? …として関心外なのかな〜? のような避難民反応に見えます。
 
原発事故災害に関するTVニュースを真剣に見ている人はほとんど見当たりませんし、会話もまったく聞こえてきません。
 
仮設住宅入居は何時? 漁業農業働く職場は? 生活費は、子供、病気、etc.etc.etc .当面さし迫る生活の心配が最優先で、原発事故の風上と遠方に位置している事も恐怖感を抱く事を無意識に遠ざけているのでしょうか。           
                                                                    冨山

●2011年4月8日         am6:30
Sub:ボランティア

 避難民レポート 4/8
●サッカー元日本代表澤登氏サッカー教室が陸前高田市高田第一中学校避難所テニスコートで開催され、多数の幼
  児から小中学生が参加。自分たちの災害ショックを一時忘れ、親達を元気づける嬉々とした姿を見せていました。
  また、名波氏、柱谷氏の元日本代表サッカー選手グループが避難民全員に昼食炊き出しで御飯焼そばデザートの
  苺やミニトマト、冷奴など提供頂いて全員感謝感激でした。
●日本赤十字医療チームが24H体制で床に寝泊まりしながら避難民のどんな些細な事でも真剣に健康診断に動き回
 っています。…感謝!感激!

●2011年4月3日              am7:52
Sub:朝食

今朝はデニッシュパン一個と栄養ドリンク一本です。
→→→→→→感謝!
<4月3日 朝食 この食事は陸前高田市の避難所 第一中学校のものです> 

トップへ戻る

●2011年4月9日       am7:26
Sub:避難所レポート

おはようございます。
またしても震度6弱! 停電! …深夜のパニック! 幸い避難所体育館はオール鉄骨で屋根=天井なので力学的には天井崩落可能性0と判断…安心するも、かなりの緊張感! …この避難所から逃げるにはかなり低地に一旦降りるので、ここが最終避難場所となる。…60メートル超津波が来れば話は別だが…。

●2011年4月9日       am10:25
Sub:慰問イベント

おはようございます。
野口さん一行の蓄音機コンサート本日午後4時から予定されています。
慰問申し込みは、避難所開設から10日ほど過ぎてから幼児向けが始まってたように曖昧記憶してます。
体育館を使ったイベントはスコップ三味線だけですが、音楽室の教室を利用して主に小中学生や高齢者向けイベントが行われているようです。回数はそんなに多くはないような気がします。
今回の蓄音機コンサートは「h.イマジンV」復興祈願コンサートを名目にしたいとの申し出で、珈琲の提供も計画しちょっとしたインパクトが見込めそうです。
これを機会に今月末迄週一回「h.イマジンV」復興祈願蓄音機コンサートと珈琲無料サービスを計画します。
                                   陸前高田市高田第一中学校避難所 避難民  冨山   

●2011年4月3日             pm1:28
Sub:慰問コンサート

本日の避難所慰問コンサートは自衛隊スタッフによる「津軽スコップ三味線日本チャンピオン演奏会」模様です。

他に子供向け折り紙教室や幼児向け歌とお遊戯コンサート等が連日行われてます。

災害救助法に注文!!!

●2011年4月4日          am7:35
Sub:ラジオ体操

おはようございます。
毎朝6時起床、7時ラジオ体操二種類で一日が始まります。
土曜朝、岩手IBC-TV「じゃじゃじゃTV」番組で私のドラマチック人生取材番組を放映したところ、様々な視聴者から感嘆!驚き!と、被災者から勇気と元気を頂いた!との反響が沢山TV局に寄せられた!と、TV局ディレクター部長からメールが届きました。
合わせて、パソコン関連会社の社長さんから中古パソコンだけど私に進呈したいとの申し出がTV局にあり、提供者のメルアド、携帯電話番号まで知らせてきました。
ありがたい事です。
感謝!感謝!合掌!

トップへ戻る