トップへ戻る

目の周囲を化粧したおしゃれな鳥

黄色いアイリングが特徴のおしゃれな旅鳥。

餌をついばむ

  チドリ目チドリ科チドリ属コチドリ。体長16cm前後、翼を開くと35cm前後になる。毎年、田植えが終わったころ矢切の田んぼに飛来し、翼を休める。私が見かけたときは単独だった。ムナグロとおなじように田植えが終わったばかりの水田でしきりに餌をあさっていた。
  やはり旅鳥で冬は暖かいユーラシア大陸の南部やアフリカ大陸の北部で過ごし、夏になるとユーラシア大陸の中緯度以北の熱帯周辺で繁殖をする。日本にやって来るのは、この旅の途中で春と秋に見ることができる。
  食性は雑食で、草花の種や小さな甲殻類や昆虫類などを食べている。特徴的なのは首のまわりに黒い羽毛がマフラーのようにまいている。それと、なんといっても特徴的なのが目を取り囲むようにある黄色で、これはアイリングと呼ばれるもので、この鳥の特徴となっている。

撮影:2015年5月10日