森のアクロバット

鳴き声は「ギーギー」

小平市の「市の鳥」

【コゲラ】キツツキ目キツツキ科アカゲラ属コゲラ。
  漢字で書くと小啄木鳥。英語だとJapanese Pygmy Woodpecker 。日本にいる小さなキツツキの意味。ヨーロッパにこの鳥を持ち帰って命名したので Japanese の名がついた。
  全長およそ15cmでスズメぐらいの大きさ。日本にいるキツツキの中まではいちばん小さい。雌雄よくにた色なので区別しづらいが、雄には後頭部に赤い斑があるが、自然界ではとても区別しづらい。足は前指が2本、後ろ指が2本ある。この4本の指で木肌をつかむので自由自在に木肌を移動することができる。
  分布はロシア南東部、サハリン、朝鮮半島、中国東北部、日本列島など限られた地域にいる。
  本来は平地から山地の林間に棲んでいるが最近では都市部でもふだんに目にすることができる。通常は番(つがい)でいることが多く、どちらかが死ぬまで一緒にいるといわれる。小さな体のわりに20ヘクタールほどの広い縄張りをもって暮らしている。
  食性は雑食性だが基本的に木肌にいる虫を食べる。キツツキ特有のドラミングも一人前にする。毎年、木に穴を開けて巣をつくって子育てをする。

トップへ戻る

コ ゲ ラ

公園の樹木や庭の木などをせわしなく動きまわりなが餌を探す。ヒヨドリとならんでヨーロッパやアメリカにはいない固有種で、英名では頭に Japanese をつけて呼ばれている。