小さな鳥だがときに凛々しく見える。

せっせと虫を探して食べてくれる益鳥です。

オスとメスの違いは腹部にある黒い模様。細いのがメス。背中の羽の色も黄緑がかった見える。

こちらは腹部の黒い模様が幅広い。したがってオスです。

【シジュウカラ】スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属シジュウカラ。
  全長約12cm、スズメとほぼ同程度の大きさ。漢字で書くと「四十雀」ですが、これは鳴き声から連想してついたものと考えられています。ちなみに地泣きは「ジュクジュク チ ジュクジュク」気分良く啼くときは「ツツーッピー ツツーッピー」と、よくとおる甲高い声で啼いています。山野を歩いていて、この声に思わず立ち止まってあたりを見まわしますが、なかなか姿を見つけられません。
 食性は雑食性で昆虫などを好みますが、虫がとれないときには果実や木の実などを食べて飢えをしのぎます。巣は4月から5月にかけてキツツキの掘った穴や自然にできた洞などにつくります。また人がかけておいた巣箱などにもよく巣作りをします。
 多くの市町村が自治体の鳥に指定しています。たとえば、北海道空知支庁芦別市、福島県福島市、東京都は目黒区、国立市、福生市。神奈川県では茅ヶ崎市、座間市。京都府は八幡市。熊本県熊本市などです。

 ちなみに四十雀に対して五十雀がいますが、五十雀のほうが全体にスマートで、するどくさえ見えます。木の幹に止まって、下向きに伝い歩きができるのが特徴です。

「むずかしや どれが四十雀 五十雀」
                (小林一茶)

「老いの名もありとも知らで四十雀」
                (松尾芭蕉)

冬になると数羽の群で庭などにやってきて木の枝から枝えと飛びまわります。たまにメジロなどと一緒に群れていることもあります。小さくてかわいいので人々から愛されています。

シジュウカラ

トップへ戻る