2010年 矢切通信

                             目次へ戻る

 号数  月 日                          備        考
第 1話 1 月10日  いきなり俳句からはいったのには理由がある。・・・・・・・
第 2話 1 月17日  演歌を口ずさみながら、二組の夫婦がやってきた。
第 3話 1 月24日   先週からの続き。ちあきなみの話は盛り上がる。
第 4話 1 月31日  クマ(矢切の渡しのマスコット犬)の舟頭デビューの日が近づいてきた。
第 5話  2月 7日  クマが産まれたのは二年前の冬だった。誕生の秘密は・・・・・。
第 6話  2月15日  クマの第一声は“キャイン”だった。通訳をすれば・・・・・。
第 7話  2月22日  クマが矢切にもらわれて来たわけは・・・・・・。
第 8話  2月28日  クマが初めて舟に乗ったのは、先代の舟頭さんが亡くなって二ヶ月後だった。
第 9話  3月 7日  若舟頭のひとことで、しばらく続いたクマの話はとぎれそうだ。
第10話  3月15日  三月十二日の土曜日から平常運航にになった。最初のお客さんは・・・・・。
第11話  3月22日  中国にイケメンホームレスがあらわれた。日本は外国の隅々まで知っている。
第12話  3月28日  夕焼け空が真っ赤か トンビがくるりと輪を描いた〜。トンビはどっちまわり?
第13話  4月 4日  トンビがどっちまわりか、教えてくれた人がいた。はたして・・・・。
第14話  4月11日  わ〜い、天気予報がはずれて、ぽかぽか陽気になったぞ〜!
第15話  4月17日  矢切に越してきた十年がたった。噂に聞いていたタヌキにはじめて会った。
第16話  4月25日  三艘の舟が休む間もなく運航。まるでゴールデンウィークのリハーサルみたい。
第17話  5月 9日  大手携帯電話のCM撮りが河川敷で行われていた。撮影禁止だと。なんの権限で。
第18話   5月16日  撮影禁止のガードマンを振りきって撮影した。公共の場で文句あるか!
第19話   5月24日  丹誠込めて咲かせた花を、また今年も花盗人に盗られた。
第20話   5月30日  五月二十八日、今年もホトトギスが、弟恋すやと、泣き叫んでいた。
第21話   6月 6日  どうしようもなね、鳩山も菅も。うちの子も俺の後を継ぐけどね。
第22話   6月13日  加藤一二三元名人のおかで、がぜん自信をもった猫の餌やりおばさん。
第23話   6月20日  子は鎹(かすがい)ならぬ、犬は鎹になるか?
第24話   6月27日  三人連れのおばさんたちの話に聞き耳をたててむると・・・・。
第25話   7月 4日  ススキの葉がきれいに折りたたまれていた。クモは芸術家なのだ。
第26話   7月11日  動くとができない木や草はどうやって炎天下をやり過ごすのかなあ。
第27話   7月19日  汽車はゴトゴト、最近の電車はシュルシュルシュルー。中国の新幹線は・・・・。
第28話   7月26日  ふるさとは ちしゃもみがうまい ふるさとにいる  山頭火。
第29話   8月 1日  今年のセミはなんて鳴くのだろうか? 想像してみたら・・・・。
第30話   8月15日  玉砕って言葉、大本営が造りだしたんって、さっすが〜頭いい。
第31話   8月23日  生きてる人間より死んだ人間のほうが大事にされるのって・・・・・・。
第32話   8月29日  地面を見下ろしながら男がぶつくさいいながら歩いていた。
第33話   9月 5日  はたして人は万物のなかでいちばん優れているのだろうか。
第34話   9月12日  雑草という植物はない、失敬な、もう君とは口もききたくな〜い。
第35話   9月20日  「死ぬのはかんたんだとおもったな」と、大舟頭の杉浦さんはいった。
第36話   9月26日  赤がいいか、白がいいか、曼珠沙華があちこちで咲いていた。
第37話  10月 3日  四人のおばさんたちの会話を聞くつもりはなかったが・・・・。
第38話  10月11日  もし、たばこを法律で世界同時に禁煙にしたら、きっと困るだろうな。
第39話  10月17日  あんなに反対していた消費税にも慣れた。喉元過ぎればなんとやら、か?
第40話  10月24日  あまくないから、おいし〜い。でも、その実って店では売ってないんでしょ?
第41話  11月 1日  老後を海外で過ごそうとした叔父さんは、やっぱり日本がいいやといった。
第42話 11月 7日  バリアフリー工事のために坂道を通行禁止にして階段をつくる不思議。
第43話  11月14日  どうして地デジなの、デジタルじゃダメなんですか? この次は、なにジなの?
第44話  11月22日  矢切の選挙は典型的な村型選挙。やっぱり、つきあいがあるから・・・・・。
第45話  11月30日  自転車が鳴く、ギーコ、ギーコと。あまりに暑さにチェーンがゆるんでいた。
第46話  12月 6日  カッコウが鳴く、ウグイスやホオジロが鳴く、季節はずれの鳥が鳴く。
第47話  12月12日  蔦(つた)は夏のもの? それと秋のもの。俳句では・・・・・。
第48話  12月20日  旦那の変わりに隣りのご主人に連れて来てもらったの。
第49話  12月26日  そんなことをしたら東京電力や大手電力会社が困るから・・・・・。

トップへ戻る