号数  月 日                          備        考
第 1話 1 月 3日  二〇一六年、新しい年になった。これまではっきりと姿を・・・・・・
第 2話 1 月10日  年が明けてから穏やかな日が続いている。こんな年明けは・・・・・・・
第 3話 1 月17日  今週からは矢切の渡しもやっと正月気分が遠のいた・・・・・・・・・・・・
第 4話 1 月24日  全国各地に大雪警報が出ているが東京周辺だけは雪もなく・・・・・・・
第 5話 1 月31日  大寒にはいって急に冬らしくなってきた。霜柱も勢いよく伸びて・・・・・・
第 6話 2 月 7日  舟頭さんが、おもしろいことをいった。六日、土曜日のことだった・・・・・
第 7話 2 月14日  昨夜から今朝にかけて強い風が吹いている。春一番となるのだ・・・・・・
第 8話 2 月21日  二十一日の土曜日は二〜三度往復したあたりで雨が降ってきて・・・・・・
第 9話 2 月28日  穏やかな日曜日だった。川ひとつ隔てた東京では恒例の「東京・・・・・・・
第10話 3 月 6日  およそ一万キロも離れたアメリカがこのところ矢切の渡しに近・・・・・・・・
第11話 3 月13日  数十メートルの滑り台から一気に滑り降りたような天気が続いた・・・・・・・
第12話 3 月20日  十五日、火曜日。北風が強く、いったん上げた「矢切の渡し」の旗・・・・・・・
第13話 3 月27日  矢切の渡しに春が訪れた。川辺に植えられた桜が花をつけた。・・・・・・・・
第14話 4 月 3日  あたふたと舟頭さんが舟から上がってきて、「ああ、ちょうどよか・・・・・・・・
第15話 4 月10日  久しぶりに週末の天気がよかったおかげで矢切の渡しもにぎわ・・・・・・・・
第16話 4 月17日  地球が怒っている。今日、日曜日は窓の外をうなりをあげて・・・・・・・・・・・
第17話 4 月24日  天気が定まらない。朝起きたときに降っていた雨がいつまのか・・・・・・・・
第18話 5 月 1日  ゴールデンウィークが始まった。その初日、よく晴れてはいたが・・・・・・・
第19話 5 月 8日  ゴールデンウィークが終わった。今年のゴールデンウィークは・・・・・・・・
第20話 5 月15日  さわやかな日曜日。久しぶりに風のおだやかな日だった。・・・・・・・・・・
第21話 5 月22日  女のパワーはすごい。矢切の渡しに乗りに来た女の人の話・・・・・・・・・
第22話 5 月29日  矢切の渡しに下りて行ったら舟頭さんがプリプリと怒っていた・・・・・・・・
第23話 6 月 5日  六月五日、関東地方にも梅雨入り宣言がなされた。平年と比べ・・・・・・
第24話 6 月12日  梅雨入り宣言はでたものの、ちっとも梅雨らしくない一週間だった・・・・・・ 
第25話 6 月19日  柴又側からやって来て年のころなら八十代と思われる女性が売店・・・・・・・
第26話 6 月26日  東京からおよそ一万キロ以上離れた地球の反対側の出来事が・・・・・・
第27話 7 月 3日  今週一週間はめずらしく二本の大きな取材がはった。一本目は・・・・・・
第28話 7 月10日  梅雨も終わりに近くなって、めきめきと暑さがましてくる。・・・・・・・・・・・
第29話 7 月17日  週末の三連休はいかにも梅雨だといわんばかりの日が続いた・・・・・・・
第30話 7 月24日  四年後の今日は東京オリンピックの開会式の日だ。・・・・・・・・・・
第31話 7 月31日  7月、最終の一週間はふたつの大きなイベントがあった。・・・・・・・
第32話 8 月 7日  連日、ジリジリと焼けつくような暑い日が続いている。いまを盛りと・・・・・・・
第33話 8 月14日  さすがにお盆だ。やって来るお客さんたちの顔ぶれがいつもと違う・・・・・・・
第34話 8 月21日  台風七号に追い立てられるようにお盆は終わった。小笠原諸島の・・・・・・・
第35話 8 月28日  台風九号が千葉県沖をかすめて通過して行った火曜日、江戸川・・・・・・・・
第36話 9 月 4日  小笠原諸島の南で発生した台風十号は、いったん沖縄の南大東・・・・・・・
第37話 9 月11日  関東地方を直撃する予報だった台風十三号は、和歌山県沖あた・・・・・・
第38話 9 月18日  このところ毎日のようにどんよりと曇った日が続いている。まるで・・・・・・・
第39話 9 月25日  久しぶりに太陽が顔を出した。九月にはいってこれまでに日照時・・・・・・・
第40話 10月 2日  十月にはいって最初の日曜日。日本気象協会の三時間ごとにピ・・・・・・・
第41話 10月 8日  台風一家が珍しく家族そろって通り過ぎていった六日の朝は、久・・・・・・・
第42話 10月16日  太鼓の音が聞こえる。笛の音が鳴り響く。子どもたちのワッショイ・・・・・・・
第43話 10月23日  奇想天外な話になった。ようよう秋らしい天候になったある日、・・・・・・・・・
第44話 10月30日  暖かい日と寒い日が交互にやって来る。こんな気候の変化の大き・・・・・・
第45話 11月 6日  こんなに晴天が続いたのは何ヶ月ぶりだろうか? 風は時々、北・・・・・・・
第46話 11月13日  今年の矢切には秋がこないで、いきなり冬がやって来たような天・・・・・・・
第47話 11月20日  日曜日の今朝は霧がかかっていた。小春日和とでもいうのだろう・・・・・・・
第48話 11月27日  今週は歴史的な出来事があった。十一月二十四日に雪が降り・・・・・・・・・
第49話 12月 4日  今週から矢切の渡しは土日祝祭日だけの運航になった。その最・・・・・・・
第50話 12月11日  すっかり寒さがましてきた。矢切でもたき火にあたりたいくらいだ・・・・・・・・
第51話 12月18日  冬にしては比較的、暖かい土日だった。北海道や北陸地方では・・・・・・・・
第52話 12月25日  今年もあますところ、あと一週間になってしまった。週半ばまでは・・・・・・・・

2016年 矢切通信

                             目次へ戻る

トップへ戻る