2017年4月29日(土)
  つき合いをやめたらァ
韓国でまた銅像をたてる話がもちあ
がっているということだが「いいかげん
にしろ」といいたい。
日本統治時代に日本に強制連行され
働かされた「徴用工」の銅像をソウルの
日本大使館前と釜山の総領事館前に
たてる話が進行しているそうだ。
ウイーン条約では在外公館にはこうし
た嫌がらせのようなことは禁止して
あるそうだが韓国はこれを守らない。
それだったら日本は大使館も総領事館
も引き揚げてしまったらどうだろうか。
韓国と断交したからといって日本が
困るようなことはないはずだ。
もういいかげんつき合いをやめたらァ

2017年4月27日(木)
 置き場所がないと寄贈本処分
これは決して女性だから問題にするわ
けではないことを最初にことわっておく。
京都市でのことだがフランス文学者の
故・桑原武夫氏の蔵書1万冊あまりを
遺族が京都市に寄贈していたが最初
左京区の国際交流会館におかれていた
のを右京区に右京中央図書館がオープ
ンしたのでこちらに移動させたが保管
場所がないからと向島図書館に移動。
すると向島図書館から中央図書館の
副館長に置き場所がないから処分して
いいかと問い合わせがあり女性副館長
は処分してもいいと返事をしたという。
蔵書は日本文化研究や日本と世界の名
著や哲学の仏語原書など貴重本だった。

2017年4月25日(火
  ふるさと納税制度  
ふるさと納税制度が論議を呼んでいる。
納税をしてもらった自治体が知恵を
しぼって特産品を返礼品として送って
いるが高市総務相は長野県伊那市が
返礼品として伊那市で製造している
家電製品を返礼品と送っていることに
「価格にかかわらず、送付しないよう理
解を求めたい」とクレームをつけた。
ふるさと納税制度を総務省の役人が
机上の論理で制定した時点でそもそも
こうなることはわかっていたはずだ。
それをいまになって大臣まで出てきて
「やめてくれ」とはあんまりじゃないか。
あんたらの考えがあまかったからだよ。
胸に手を当ててよ〜く考えてごらん

ぶつぶつ ぶつぶつ 今日も ぶつぶつ
  
今日も ぶつぶつ      ご意見  

2017年4月28日(金)
 誰を信じればいいの 
兵庫県神戸市の市議会議員ら10数人が
詐欺罪で書類送検されたという。
領収書偽造などの手口でたまし取った
金額はじつに3,450万円にのぼるという。
以前にも富山市議数人が政務活動費を
だまし取ったとして議院辞職をしたが
市議会議員という人種はそんなに悪
が多いのだろうかそれとも議員になると
これまで善良だった人間がスポイルされ
とたんに悪になるのだろうか?
私のまわりにも市議会議員がいるが
見た目ではとても悪には見えないが
疑って見たほうがいいのだろうか?
それにしても誰を信じればいいのだろう。
それとも初めから信じなければいいのか。

      4月の終わりに
 1月は“いんだ”、2月は“逃げた”、3月は“去った”などとむかし祖母から教わったことがあったが、それでいうと4月はなんというのか忘れたが、あっという間に終わった。
 日にひに陽が長くなり、気温も上がり2か月ほど前のことを思うと嘘のような変わりようだ。山の木々は緑をまし、江戸川の堤防も草が伸びてツクシなども見えなくなってしまった。
 矢切では数年ぶりに戻ってきたキジがなき、渡り鳥のムナグロがやって来たというので鳥屋さんたちがどこからともなく集まって来てにぎわっている。これが春の矢切の光景だ。桜も終わり、もうすぐ矢切にも夏がやって来る。

2017年4月30日(日)
 お坊さんの世界
京都の東本願寺で労働争議が起こって
いるそうだがお坊さんの世界と労働争議
はなんだか似合わないように思う。
ことの発端は非正規雇用で働いていた
2名の僧侶が残業代の支払いをもとめ
て寺側ともめていたことからわかった。
だいたい僧侶と残業とは馴染まないが
東本願寺ぐらいに大きくなると労働者
あるいはサラリーマンなどと同じなのか?
それだけではなく非正規雇用の僧侶に
よると「直属の上司から、理由もないの
にしかられるし、机を叩いて怒鳴られる
し『仕事に向いていない』と人前でののし
られる」などのパワハラをうけたそうだ。
お坊さんの世界も俗界と一緒なのか?

2017年4月26日(水)
  ひどい金儲け
インターネットのオークションが問題を
起こしているがなかでも「メルカリ」という
オークションサイトはとりわけひどい。
ついさきごろキッザニアの通貨「キッゾ」
が取引されたかと思うと現金の出品が
禁止されるや否やチャージ済みSuicaが
売りに出されたかと思うとこんどは離婚
届が記入例とともに売り出された。
こうしたオークションサイトは出品する
だけだと無料のうえにスマホで写真を
撮ってアクセスするだけなので気軽に
出品でき売れたらオークションの会社に
マージンを差し引かれてお金がもらえる
のでこんなとんでもないものが出る。
まったくひどい金儲けもあったものだ。

 4月21日、オオタカが産卵した。この日からメスは抱卵にはいった。いつもの位置からのカメラでは抱卵中の親は見えないが、黄色い矢印の先端に見える黒いものがオオタカの尻尾だ。
 おそらく6月上旬には雛が誕生することだろう。昨年は3羽孵化して2羽が育ったが、今年ははたして何羽がそだつだろうか。しばらく観察が続く。

次のページへ進む

目次へ戻る

前のページへ戻る

  メールでひとこと  

  メールでひとこと  

毎日
  ぶつぶつ

世の中 
  ぶつぶつ