2012年3月8日(木)
  釣り

足尾の鉱毒事件で知られる
渡良瀬川をいつも魚かげが見える
川にしようと両毛漁業共同組合では
特定区間に限ってだが罰則つきで
キャッチ&リリースを義務づけるという。
言葉だけ聞けば魚にやさしいように
聞こえるのだがそれは人間の身勝手だ。
魚の体温がかりに10℃として
人間の体温はいったいいくらだとお思いか
釣った魚が人の手で握られると
その差はおよそ20℃はゆうにあるから
つまり人間が60℃の熱湯を浴びたのと
同じくらいの衝撃を受け火傷状態になる
それで元気でね! と放すなど残酷だし
食べもしないのに釣って遊ぶなどひどい
魚にとっては命がけなのだから………。

2012年3月7日(水)
  犬

今日の高知新聞に
興味深い話が出ていた。
愛媛県四国中央市では今年から
徘徊高齢者捜査犬を導入するそうだ。
当面は訓練された警察犬を使うそうだが
ついにそんな犬が誕生する時代になった。
いま日本には警察犬のほかに
麻薬犬 災害救助犬 盲導犬
ここまではよく知られているが
ほかには介助犬、聴導犬がいる。
これに徘徊高齢者捜査犬が加わると
警察犬は警察庁 補助犬は厚労省
麻薬犬は財務省のように所轄が必要だ。
さて どこが中心となって面倒をみるのか
いまから密かに陰でつばぜり合いが
行われているのではないだろうか?
新しい天下り先をつくるために………。

2012年3月5日(月)
  消費税

知っていてよかった事と
知らなくてもいい事があるが
これは知っていたよかったのだろうか?
人は死ねば終わりだと思っていた。
ところが今日病院に行って
なにげなく目にした貼り紙を見て驚いた。
人は死んでからでもお金がかかるのだ。
死亡診断書を医者に書いてもらうのに
1枚が5,250円で2枚目からは2,650円
必要だと掲示してあった。
まあ 考えてみれば死亡診断書を
書くのも立派な仕事には違いないから
当然と言えば当然だ。
しかもしっかりと消費税まではいっている
死人からも税金をとろうというのか!
まてよ 誰が払うんだろう!!

2012年3月1日(木
  匂い
どうして一番じゃなきゃいけないんですか
二番じゃいけないんですかという時代
人が火星に行こうかという時代に
いまも越えられない物がある。
それは嗅覚だ。
犬の嗅覚は人の1,000倍から
1億倍はあると言われている。
この嗅覚を利用して麻薬探知犬が
各地の空港で活躍している。
人には犬を越える麻薬探知機は
いまだに出来ないのだ。
人間が動物界でいちばん偉いと
思っているが これは間違い。
いまも人は犬に頼っている。
身のほどを知れ と言いたい!!!

ぶつぶつ ぶつぶつ 今日も ぶつぶつ
      
時々 ぶつぶつ

2012年3月4日(日)
  安易

埼玉県ではいま病院の移転問題で
ちょっとした揺れが起こっている。
なんでも埼玉アリーナに隣接する
広大な空き地があるので
埼玉赤十字病院と県立小児医療センターを
統合してこの地に新築しようという
計画のようだが反対運動が起こっている。
もともとこの土地にはいまの
東京スカイツリーを誘致しようとして失敗
商業ビルを建てようとしてとん挫
しかたがないので………ということもある。
だから反対運動も起こるのだが
病院という地域に根ざした施設の移転は
そう安易に決めてもらっては困る
だいたい病院なんて統廃合すべきでない。
一つでなくったて二つあってもいいではなか
はこんなときに使って欲しい言葉だ。

2012年3月6日(火)
  高額医療費

これまであまり医者にかかった
ことがなかったので知らなかったが
亡くなった友人の奥さんが61歳で
難病にかかり医者通いをしていたとき
ある一定の限度額を超えれば
国が肩代わりをしてくれると知って
そんなの“あり?”と驚いたものだが
どんな地域に住んでいても
一律にあるのだと知って驚いた。
穴はあるが大金持ちでも貧乏人でも
適応されるらしいと知ってまた驚いた。
それも入院患者なら限度額を
超えた金額は支払わなくてよかった。
この4月1日から外来患者にも
適応されるので最高でも月額約8万円を
超えた金額は払わなくていいらしい。
だからといって介護保険のように
かからにゃ損々にならないように!!

2012年3月3日(土)
  給食

北海道根室市は東海大学海洋学部と
共同で根室産サンマを使った
学校給食向け食材を開発し
市内の加工業者 11社に対して
試作品発表会を開いた。
和歌山県新宮市出身の佐藤春夫は
「〜さんま苦いか塩ぱいか〜」
という詩を書いたが
サンマが和歌山沖に下って来るのは
産卵が終わって脂が抜けた
11月〜3月ごろなので口の悪い友人が
佐藤は美味いサンマを食ったことが
ないのだろうと言ったとか言わないとか。
根室沖のサンマは脂は抜けていないし
美味しい時期に捕った物だろうが
なにも学校給食で子どもをだしにしてまで
消費を増やそうとしなくてもいいのに!!

2012年3月2日(金)
  流行

アクティブシニアという言葉が
流行っているらしい。
目敏い人たちがいてあちこちに
この言葉を使った非特定営利法人
つまりNPO法人がつくられている。
山歩きをする老人 マラソンをする老人
ダンスその他 カルチャーセンター
なんでもお年寄りが行動すれば
すべてアクティブシニアなのだ。
そしてNPOに吸い寄せられる。
まるで分譲墓地を買わされるときのように
年をとった団塊の世代は
狙われているのだ。
ならアクティブでなくていいし
シニアでなくていい
ただの年寄りでいいのだ。

目次へ戻る

次のページへ進む

前のページへ戻る

世界は
  ぶつぶつ

世の中 
  ぶつぶつ