ぶつぶつ ぶつぶつ 今日も ぶつぶつ
  
今日も ぶつぶつ      ご意見  

2018年3月13日(火)
  バカな法律?
タレントのモト冬木が巣から落ちた
スズメの子を拾って飼育していたら
すっかりなついてすでに8ヶ月以上に
なるというが日本には鳥獣保護法と
いう法律があって「野鳥を捕まえたり
一般家庭で飼育することは禁じられて
る」そうで「路上などで傷ついていた
野鳥を保護すること自体も禁止」
だというのでニュースになっている。
野鳥を許可なく捕まえた場合は
1年以下の懲役または100万円以下
の罰金に処せられ飼育した場合は
6か月以下の懲役または50万円以下
の罰金に処せられるそうだ。
江戸時代のお犬様の法律みたい。

2018年3月10日(土)
  深刻な問題は……
国会では森友文書の書き換えや
トランプ大統領と金正恩の会談など
大きなニュースが報じられているが
ネットでは「ブラック校則をなくそう!
プロジェクト」の調査が騒がれている。
眉毛をそってはいけないだとか
寒さに備えるマフラーとかタイツとか
独自の対策をしてはいけないなど
という校則が近年になって増えて
いるということだし恋愛禁止は
どの時代にも一定数あるという。
またスカートの長さまで決められて
いるのはあたりまえだとか。
中学生や高校生にとっては森友
問題などより深刻な問題なのだろう。

2018年3月9日(金
  白鵬の休場には?
大相撲大阪場所の取り組みが
発表されたが横綱の稀勢の里と
白鵬の名前がなかった。
稀勢の里の休場はわかるが白鵬の
休場には?マークがわいてくる。
両足の親指のケガが原因だというが
それは口実で肘打ちができなくなって
思い通りに勝てないから次の技を
考えつくまで休もうということでは
ないだろうか横綱は休場しても
番付が落ちることがないのだから。
とにかく休場しながら延命して
1964年の東京オリンピックに出場した
父親同様に自分も東京オリンピックに
出て土俵入りをするために……。

2018年3月12日(月)
  公私混同もはなはだしい
「一部の者によって財務省全体の
信頼が失われたという形になっている
のは甚だ残念。私として、財務省全体
の組織が(問題)とは考えていない」
麻生太郎財務大臣の発言だが
元理財局長の佐川氏ひとりを悪者に
して理財局だけに責任を押しつけて
終わりにしようとする財務大臣や
安倍内閣を許してはいけない。
そんなことが許されるようであれば
これからも問題が起こったとき同じ
ようにして解決しようとする安倍内閣
が続けば同じようなことが起こる。
安倍さんが女房を守ろうとするのは
公私混同もはなはだしいではないか。

2018年3月15日(木)
  親も大変だなあ
卒業式に和服を着るのはいまや
あたりまえのようになっているし
成人式にも和服が流行っている。
女の子ばかりでなく男の子まで
紋付き羽織り袴姿も珍しくない。
ところが小学生が卒業式に和服を
着るとなると頭をかしげるだろう。
北海道札幌市では女の子の
服装は袴姿が多いという。
あるレンタル店では5年前には
10件ほどだった予約がいまでは
130件の予約がはいっているという。
レンタル料は2万円弱だが
着付け代などを含めて人気なのが
4万円だそうだから親も大変だなあ

201年3月14日(水)
  安っぽい国民栄誉賞
安倍首相がピンチなのにもかかわ
らずピョンチャン・パラリンピックで
金メダルを取った村岡選手に電話
をかけたそうだが以前にも羽生選手
にも電話をして「おめでとう」といった
らしいが人気とりもはなはだしい。
だいたいどうやって相手の電話番号
を知っているのだろう首相の特権で
調べることができるのだろうか?
安倍首相といえば国民栄誉賞を
出す話がもちあがっていたが
メダリストでプロボクサーの村田諒太
が国民栄誉賞はこんなに出したんで
は安っぽすぎると問題提議している。
年に一度の定期表彰なのか? と。

2018年3月11日(日)
  バカ嫁のせい
ヘラヘラ笑っている場合じゃない。
人が一人死んでるんだぞ!
バカ嫁のせいでとうとう死人が
でたというのに笑い事じゃない。
例の森友学園の問題だが元を
正せばバカ嫁が名誉校長を
引き受けたところから始まった
というのを忘れないで欲しい。
バカ嫁が加計学園にも関わって
いることをまさか知らないわけじゃ
ないだろう安倍晋三さんよ。
強姦疑惑で問題になっていた元TBS
の山口某とも知り合いらしいが
これだって亭主が知らないわけが
ないはずだがよくも平気な顔だこと。

2018年3月16日(金)
  かってに付度(ふたく)
「この事実については、事実というのは
うちの妻が名誉校長になっているという
ことについては承知をしておりますし、
妻から森友学園の先生の教育に
対する熱意はすばらしいという話を
聞いております」と安倍晋三首相は
2017年2月17日におこなわれた
衆議院予算委員会でこういっている。
そのせいか今回の財務省の文書
改ざんで財務大臣の麻生氏は
「財務省の国会答弁に付度(ふたく)
はなかった」とのべていたが「言葉
たらずだった」といって前言を撤回
したそうだが佐川元理財局長が
かってに付度したでかたずける気か?

  メールでひとこと  

  メールでひとこと  

次のページへ進む

前のページへ戻る

目次へ戻る

毎日
  ぶつぶつ

世の中 
  ぶつぶつ