2012年4月7日(土)
  誠意

おばかさんがまたよけいなことをしている。
鳩山由起夫元総理大臣がみんなの
反対を押し切ってイランへ行った。
8日にアフマディネジャド大統領と会談し
サレヒ外相らと会談 イラン核開発問題で
事態打開を目指すという。
沖縄で県外移設などと戯言を言って
ひんしゅくを買ったばかりか
ぼくちゃんが言えば何でも実現すると
思っているノータリン。
また問題を起こさなければいいがと
気をもむのは私だけではないはずだ。
まったく困った男だ。
あんなのがこの世に存在すること自体
問題で はやくに腹をめして欲しかった
と誠意ある人たちは思っているのでは?

2012年4月6日(金)
  消費税

このところ消費税10%値上げで
国会議員たちが右往左往している。
10%は自問党が先に掲げた案だ
いや民主党が掲げる10%は
自民党案とはちがうとか
どうでもいいようなことを議論している。
どっちの党が考えたものではなく
財務省の役人ちが企画して
それを国会議員たちが叫んでる
だけではないのか。
だから同じことを言葉をかえながら
国会議員がさも自分で考えたような
顔をして喋っているに過ぎない。
だいたい 国会議員に考える頭など
あるはずがないではないか。
漢字だって読めないような連中なのだから。

2012年4月3日(火)
  入場券

東京スカイツリーの入場予約券の抽選が
おこなわれたいうニュースを見た。
なんでもネットオークションに
すでに売りにだされているそうだ。
一枚2,500円の入場券が
なんと2万円ちかくもしているという。
高いものでは10万円を超えているとも
鵜の目鷹の目
みんなが少しでも高く売ろうと
知恵をしぼっているのだろうか。
それにしても入場予定のない人が
購入するその魂胆が汚い、
というのは私だけで資本主義の
国ではこれが当たり前なのだろうか。
だとしてら ずいぶん汚い人が
いかに多いかの証拠だ。
これでいいのか 日本!!!

2012年4月2日(月)
  原発

本当に腹立たしいこと、悲しいことが
多すぎですね。
このままなかったことにされそうなのが
怖いです。
2012/3/31(土) 午後 4:59[ ふくふく ]


牧場を開いてチーズづくりをするんだと
広島大学を出た若い二人が夢を抱き
福島県いわき市の山の中で牛飼いを
始めたところに今回の原発事故。
放射能に追われて広島県に避難
していたが このほど新しい地へ
向けて旅立とうとしている。
その二人が嘆く
うやむやのままに片付けられて
しまうのではないかと。
我々は忘れまい原発を 
二度と許すまじ原発を!!!

ぶつぶつ ぶつぶつ 今日も ぶつぶつ
  
時々 ぶつぶつ     私も一言物申す

2012年4月4日(水)
  ナンバープレート

自動車のナンバーレートが変わるらしい。
1955年に変わって以来
じつに57年ぶりなのだそうだ。
国土交通省の有識者会議「ナンバー
プレートのあり方に関する懇談会」の
中間とりまとめが3月26日に発表された。
それによると新しいプレートは
「江戸 TK(東京都品川区の略) 3AP
さー4249」のように長ったらしくなる。
長いのはまあ許せるとしても
なぜ変更しなければならないのか
その理由がわからない。
懇談会のメンバーは有識者だというが
どんな人たちなのだろう。
ナンバープレートを交換するのに
1,500円前後かかるらしい。
まったく いい加減にして欲しい。

2012年4月1日(日
  四月馬鹿
いつもの年だったらエイプリルフールで
賑わうのだろうに
今年はどういうわけだか
エイプリルフールという言葉が
ちまたから聞こえてこなかった。
英語では April Fools' Day
フランス語では Poisson d'avril
中国語では「万愚節」または「愚人節」
日本語では「四月馬鹿」と言う。
今年の日本は嘘をつく
余裕がなかったのだろうか?
それとも………。
どっちにしても日本はおかしい
嘘もつけないくらいに
嘘だらけの世の中だったりして!!

2012年4月5日(木)
  国勢モニター

以前から聞いていたが
いま国勢モニターを募集している。
日本に国籍がある20歳以上の男女で
国会議員 地方議員 国家公務員以外
なら誰でも応募できるそうだ。
ただしインターネットができる人.。
どんな仕事をするのかというと
国の行政施策全般に関する意見等を
表題25字以内 意見400字以内を
提出期限内2回まで提出できるそうだ。
期間は依頼した日から
翌 平成25年の3月31日まで
むろん報酬はない。申し込みは
内閣府政府広報室 国政モニター係り
このさいだから言いたいことがあったら
応募してみようではないか。
締め切りは4月10日。

2012年4月8日(日)
  桜

東京に桜の花が咲いた。
あっちでも こっちでも 
花見が行われていた。
花見の宴とあいまって桜の下は
華やかだ。
ところで 海外には
華やかという言葉はないそうだ。
Floweに ry をつけるとFlowery
かと言うと さにあらず。
華やかな生活といえば a gay Life だし
華やかな装いは a gorgeous dress
つまりフラワリーとい言葉はない。
もっともワシントンのポトマック河畔の
桜並木は有名だが
基本的に海外には花見の習慣がない。
万歳 日本 万歳 にっぽんじん。ウン?

目次へ戻る

前のページへ戻る

次のページへ進む

世界は
  ぶつぶつ

世の中 
  ぶつぶつ